岐阜・西濃エリア

岐阜高校 合格
溝口 大
北方校
北方中学校

自分を成長させるための受験にしたいと思った。

「入試とは、点数の競い合いであり、学力だけが試されるもの。」そう考えていた僕が入塾したのは今からちょうど2年前でした。

そのような考えを持ち続けてきた僕は、親との約束を破ったり、勉強から逃げ出したりすることを繰り返しました。

「だって、試験の日に点数さえ取ることができればいいのだから。結果さえ良ければ人を喜ばすことができるから」。そう考え、高校に合格するためだけの勉強しかしようとしていませんでした。

ある日の講義で、山上校舎長が「何のための勉強なのか、よく考えろ。誰のためでもない、自分のための勉強だ。自分を成長させるための受験なんだ。」とおっしゃいました。その言葉は、それまでの自分の考えを根本からくつがえす言葉であり、その後の自分の成長の原点でした。

自分の成長を追い求める勉強の成果を試すのが試験であること。点数が良くても自分が成長できていなければ何の意味もなく、点数がたとえ悪くても自分が成長するための努力をすることができていたならば、大いに価値があるということ。その日から僕は「勉強をする意味を考えた勉強」をテーマとし、毎日コツコツと励むようになりました。勉強をする本当の意味を理解できてからの勉強は楽しいと感じました。

自分を変えた先生の言葉がもうひとつあります。それは、成瀬総塾長の「感謝」という言葉です。

「自分を成長させるための受験に成功するためには、感謝を欠いてはならない。」

「感謝」。それは、その程度によって価値に大きな差が生まれます。自分の利益を得たときに出る口先だけの「感謝」。心の底から自分を支えてくれた人にする「感謝」。この受験を通して、心の底から感謝できる自分になりたい。だから、僕は入試とは、自分の成長を追い求め、その過程で自分を支えてくれた人に心の底から感謝することができる、そんな人の持つ「人間力」を試すものだと思います。

入試は、ひとりで受けるものです。しかし、その背景には数え切れないほど多くの人の支えがあることを忘れてはなりません。毎日毎日夜遅くまで授業をしてくださり、僕に進むべき道を与えてくださった先生方。1日に何度も送迎をしてくれた父。常に僕の体調を気にかけてくれた母。いつも相談相手になってくれた姉。遠くから応援してくれた祖父母。僕が健康で受験し、無事に志望校に合格することができたのは、みなさんのおかげです。

よく言われるように、高校入試を到着点にしてはいけない。あくまでも通過点です。受験で学んだ「自分を成長させるための勉強」そして「感謝」を大切にして、高校生活を送っていきます。自分の将来の夢に向かって頑張っていきます。

「受験」という貴重な経験を支えてくださったみなさん、本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

各務原西高校 合格
井上 葉月
穂積校
巣南中学校

母はお弁当を作って応援してくれた。

私が志門塾に入ったのは中2の春期講習からでした。志門塾に入るまで、集中して勉強ができていなかった私は心を入れ変えて頑張ろうと勉強時間を増やしました。それでも、苦手は苦手のままな部分はありました。

私が受験生なんだと本気で実感し、本格的に受験勉強を始めたのは夏休みからでした。毎日塾に通い、毎日授業を受けて、お盆も丸1日3日間連続で勉強しました。夏休みにこんなに勉強したのは初めてで、「自分、頑張ってるなぁ。」と思っていました。けれど、それは以前の自分と比べて頑張っているのであって、私より自習室に来て、私より何倍も勉強している子は何人もいました。先生にも、もう少し自習室に来て勉強しなければいけないと言われ、まだまだ自分は甘いんだ、と実感しました。9月からは行事などもあり、あっという間に2学期は過ぎていきました。2学期の間に、岐阜模試が何回かあったけれど、大きな伸びはなく、少し上がったり少し下がったりの繰り返しでした。2学期くらいから、母との間でよく言い争いが起きるようになりました。前まではだまって怒られていた自分も、点数が上がらない不安や母へのイラつきから反抗してひどい言葉もたくさん投げつけました。ある時はお互いに手も出る様なケンカもありました。その時の私は母が大嫌いで仕方ありませんでした。そして、志望校のことでも意見がくい違い、何度も言い合いになりました。そしてそんなモヤモヤの中迎えた冬休みは毎日塾の自習室に行き、正月特訓にも参加し、今までにないくらい勉強しました。苦手が克服できてきた、という実感もありました。けれど1月最初の模試は大きく下がってしまいました。すごく悔しくて悲しかったです。学校の学年末テストも終わり、次の岐阜模試に向けて勉強しなければいけないのに、心はあせっているのに、勉強が思うように進みませんでした。そんな中先生が、これからの勉強の仕方やどういう風に取り組んでいくか、次の模試とプレ入試の目標点などを細かく話してくれました。そこで改めて自分の志望校への決意が固まり、最後まで頑張ろうと思えました。ほとんど毎日自習室に行ったし、苦手なところを少しでもなくそうと頑張りました。先生方には何回も質問対応を受けてもらったり、夜遅くまで相談に乗ってもらいました。母にもしっかり自分の思いを伝えました。入試まで2か月半をきったくらいからテストでも結果を出せるようになりました。直前で私が不安な時、先生も両親もみんなが応援してくれました。当日は少しの自信と緊張でドキドキでした。けれど、何回も岐阜模試で練習したおかげで落ち着いてできました。終わった後、車で待っていた母から「おつかれ様。」と笑顔で言ってもらえた時は安心で涙が出ました。合格発表の日、母と見に行くと、私の受験番号はありました。すごく嬉しかったです。思った以上に本当に嬉しかったです。

私が合格できたのは、志門塾に入ったこと、最高の先生方に出会えたこと、仲間に出会えたこと、母に送り迎えをしてもらってお弁当をつくってもらって応援してもらえたこと、いろんなことの重なり合わせがあったからです。この1年私の塾の予定に合わせてくれて、そばで支えてくれた家族に感謝です。いつでも応援してくれて話を聞いてくれて何回も教えてくれて志望校合格以上のものを手に入れさせてくれた志門塾の先生に感謝です。私の受験は成功だったとこれから言っていけるように頑張ります。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
大村 日菜
粟野校
三輪中学校

あきらめなくてよかった。

合格発表の日。合格だと分かった瞬間、私の頭の中にたくさんの人の顔が浮かびました。私はその人たちに助けられてこの受験を乗り越える事ができたと思います。

昨年の7月。受験生であるという自覚が出てきた頃に私はこの塾に入りました。入ってすぐにやった岐阜模試で私は自分の実力のなさを知りました。学校では取った事のない点数でした。これまで塾に行ったところで何も変わらない、行っても無駄だと考えていた私の考えがくつがえされました。そこで私の受験勉強がやっと始まったのだと今は思います。

夏休み。私は初めてあんなにも分厚いテキストをもらいました。やっているうちに暑くて眠ってしまいそうになりました。それでも、もう絶対あんな点数は取りたくないと思っていたのでどれだけテキストの問題が難しくてもあきらめず解こうと頑張りました。その結果、次の岐阜模試では高い点が取れたのだと思います。また、夏休みに急に塾に通うようになった私に毎日お弁当を作ってくれたお母さんやおばあちゃんに感謝したいです。あのお弁当のおかげで私は夏の勉強を乗り切る事ができました。そして、このお弁当は受験の日まで私の支えになりました。

いつの間にか冬になり、私が塾に通う回数が増えました。ずっとストーブの前にいたかっただろうけれど、私が塾に行きたいと言ったらすぐに連れていってくれたおばあちゃん。本当に感謝です。送り迎えをしてくれたお母さん、おばあちゃん、おじいちゃん。どんどん出費が増えるのに文句も言わずに出してくれるお父さん。塾に行かせてくれてありがとう。

その感謝を伝えるために私ができる事は合格する事だけでした。そのために増えていく問題集を1つ1つこなしていきました。分からない問題は積極的に聞きました。そして繰り返し解いて分からない所をなくしていきました。1年前の私だったら苦であったはずの勉強も自分のためだと、また支えてくれている人のためだと思ったら自分から積極的に勉強する事ができました。今思えばあんなにも勉強に打ち込んだのは本当に人生初の事だったし、あんなにも人に助けられていると感じたのも初めての事でした。

そして当日。私は、今までやってきた事を全部使いました。難しい問題にぶつかっても焦らずあきらめない事を岐阜模試や学校のテストでたくさんやってきたので、冷静になって受ける事ができました。当日のお弁当も本当に美味しかったよー。

私の受験生活は本当に色々な人に助けられたものだったなあと感じます。そのおかげで私は、とても楽しい受験生生活を送る事ができました。受験が終わるまでは楽しいなんて考えていなかったけれど、今は、目標の高校に向かってひたむきに頑張ったあの頃はすごく楽しかったように思います。

高校が決まった瞬間、私の頭に浮かんだのは、家族みんなの笑顔、お世話になった学校の先生方の顔、どんな質問も答えてくださった塾の先生方の顔、相談にのってくださった習い事の先生方の顔、励ましてくれた友達の顔。本当にたくさんの人の顔が浮かんで私はこんなにも色々な人に助けられたのだと実感しました。私の合格を聞いて喜んでくれた人たちの声を聞いて、支えてくれた人たちのために頑張ってよかった、あきらめなくてよかったと心からそう思いました。

高校が決まって1日がたちました。実感が少しずつ湧いてきて私が今思うことは、今から私の将来に向けてコツコツと努力しようということです。高校受験ではスタートが少し遅くてたくさんの人に迷惑をかけてしまいました。だから、今から自分のやるべきことを確かめて勉強をし続けていきます。自分のために。そして、支え続けてくれるたくさんの人たちのために。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
小森 優奈
島校
島中学校

継続して努力し続けることから決意へ。

私は、今回の高校受験という経験から、多くのことを学ぶことができたと思う。

3年生に進級してから入試を迎えるまでに、自分の気持ちが大きく動かされた瞬間がいくつかあった。その中の1つが「お盆特別合宿」だ。これは私にとって、かなりハードな日々だった。授業の内容のレベルはどの教科もとても高く、全然ついていけない授業がいくつかあった。周りの人がどんどん問題を解いていくなかで、理解できていない自分がとても恥ずかしかった。そして一番悔しい思いをしたのがトライアルだ。私は、合宿に参加した島校生の中で唯一、表彰されることがなかった。合宿中、すきま時間を使って必死に勉強しても結果が出なかったのは、合宿に参加するまでの事前学習が全然できていなかったからだ。夏休みの間、私はだらけてしまい、トライアルの練習が全然できていなかった。そのうえ、何とかなるだろうという甘い気持ちでいた。合宿後半に、トライアルで上位に入った生徒が、もうテキストを見たくないと思うくらい勉強したと話しているのを聞いて、自分は何をやっていたのだろうと情けなくなり、同時にこれからはもっと努力しなくてはいけないと感じた。さらに、合宿から戻ってきたとき、お盆特訓に参加していた島校の仲間がレースで1位を取ったと聞き、自分ももっとがんばらなくてはいけないと思った。合宿は仲間のレベルの高さや自分の未熟さに気付かせてくれた。私の受験、そしてこれから先の人生において大きな糧となる、貴重な経験だった。確かに苦しい思いもたくさんしたけれど、心から楽しかったと言える日々だった。教えてくださった先生方、合宿へ行かせてくれた両親に本当に感謝しています。

夏休みが終わり、夏秋講習、秋期講習、冬期講習と様々な講習を重ねていくなかで、島校に中学3年生専用自習室「WAS」が設置された。今までよりも整った環境で学習できる空間ができて嬉しかった。しかし、開室から少し経った頃、校舎長の先生からの手紙を読んだことで、私のWASに対する気持ちは変化した。そこにはWASについて「高校へ行っても頑張り続けてなりたい自分になるために合格する気持ちがある人だけが使える空間」と書かれていた。その時の私は、高校に合格することだけしか考えていなかった。校舎のダルマの寄せ書きにも「とにかく合格!!」と書いていた。自分の夢への第一歩としての志望校合格をつかみ取るために努力する仲間がいるなかで、自分は将来について考えることを避け目の前のことしか考えられていないということを痛感した。それからは、WASの空間が急に居心地が悪く感じた。それからしばらく、塾に行きたくないと思う日が続いたため、区切りをつけようと、ダルマに書いた「とにかく」という文字を消した。まだ明確な目標などは決められていなかったけれど、継続して努力し続けるという気持ちが生まれ、少しずつ、WASで学習をするのが楽しくなってきた。

正月特訓の新春レースや毎授業、成績によってクラスや座席が入れ替わる直前講習では、お盆特別合宿での反省を生かして精一杯取り組んだ。分野別問題集、年度別問題集への取り組み、校舎での入試対策、岐阜模試の解き直し、入試当日の予行練習となる第7回岐阜模試やプレテストなどの対策を通して、入試へ向けての学力、そしてこれから先、努力し続けるために必要な力を身につけることができた。入試当日は、あまり緊張することもなく、「模試は入試のように、入試は模試のように」という言葉を肌で感じられた。解答速報を見たときは、不安な気持ちにおそわれたけれど、無事第1志望校に合格することができた。合格発表が終わった今は、4月から始まる新しい高校生活に全力で取り組むという決意でいっぱいになっている。

最後に、私を合格へ導き、何より大切なことを教えてくれた先生方、毎日の塾への送迎や身の回りの世話をしてくれ、最後まで私を応援し励ましてくれた両親、たくさんの影響を与えてくれた島校の仲間たち、応援してくれた友達、私の受験に関わり、応援してくれた全ての人に本当に感謝しています。ありがとうございました。この経験を糧に、これからも努力し続けます。

ページのトップへ戻る

長良高校 合格
谷口 雅哉
長森校
長森南中学校

自分一人だったら、途中であきらめていた。

僕は、この長森校には、とてもお世話になりました。入った時から僕は長良高校に行こうと思っていました。けれど内申は低いし点数もよいとは言えず、外で志望校は長良高校というのは少し恥ずかしい気持ちがありました。自分よりも頭のいい子が長良志望なのに自分も長良志望と言うと笑われる気がしたのでなかなか言えませんでした。でもこの志門塾長森校に入り僕はとても変わりました。入ってから2週間後に期末テストがあり、その期末テストで最高得点をとることができました。2週間で成果を出すことができてとてもうれしかったです。そして、自分に自信が持てるようになりました。塾での勉強は今までよりハードなものだったけれど仲間と一緒ならがんばれました。勉強が楽しいと思えるようにも少しなりました。

でも受験日が近づくにつれて不安は大きくなりました。塾の模試や学校のテストで400点になかなか近づけなかったからです。特に岐阜模試でC判定がついた時はとても不安になりました。さらに学校であった三者懇談では実力テストをあと100点上げろといわれ不安な気持ちが大きくなりました。だから僕は今まで以上にがんばることにしました。岐阜模試で結果を残したかったからです。その中でも印象深いのはやはり24時間冬スタ耐久スペシャルです。最初はめちゃくちゃ不安でした。自分がそんなに勉強できると思わなかったからです。でもやってみたら案外楽しいしできました。多分1人だったら絶対あきらめていました。みんながんばっているから自分もがんばることができたと思います。これは今でも最高の思い出です。正月特訓も楽しかったです。毎回1番前の席にいきました。前の席に座ると先生は僕の解答を見て合っていたらほめてくれるし、違ったら教えてくれることもありました。とてもうれしかったです。そのおかげで岐阜模試でB判定をもらうことができました。努力が報われた気がしました。でもそれで安心してしまい前よりがんばれなくなりました。少し手を抜いたりしてしまいました。だから第7回で失敗してしまいました。やばいと思い焦りました。だから入試プレテストでいい点をとり自分もふくめ周りの人も安心させたいと思うようになりました。今までは自分のためにがんばってきたけれど自分以外の人のために勉強で努力することはほとんどなかったです。他の人のためにもと思いやってみると、なんかがんばれました。入試プレテストでは安心とまではいかないかもしれないけれど、一応大丈夫という感じになりました。僕は前回の失敗をいかし安心せずにがんばろうと決めました。そして先生や親を安心させたいと強く思いました。僕は勉強中たまに不安になります。同じ内申の過去の先輩は400点近くとっているのに自分はとれていないからです。でも先生の話を聞くたびに不安は不思議と消えていきました。そのおかげで僕は入試直前の模試で400点をこえることができました。入試前の緊張していた気持ちが安心に変わりました。親も喜んでくれました。

だから僕は安心して入試に行けました。入試前にもらったお守りは最高すぎて泣きそうになりました。こんなに生徒思いの先生は他にいないと思いました。ものすごい人に支えられたおかげで僕は合格できました。うれしくて心から人に感謝できました。僕は長森校に来られて本当によかったです。ここで僕は人間力も上がったと思います。こんな最高の仲間に囲まれて受験できたのは一生の思い出です。もう言葉にしきれないくらい最高です。最高の仲間と先生方へ、ありがとうございました。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
村瀬 真由
鷺山校
岐阜清流中学校

強い自分に成長できた受験だった。

どうせやるなら楽しんで。この受験で私が校舎長にかけてもらった言葉です。そして、私を変えた言葉です。

私は昔から悪い事を重く捉えてしまいがちな性格でした。小さな事でも私の心の中では大きな傷でそこだけにスポットライトがあたっているような感覚になってしまいます。一言で言えば、ネガティブ思考。表情、態度に出やすい子でした。だから、一度沈むと、なかなかおき上がれない。そんな子でした。

私には4つ上の兄がいます。兄は私より何倍も頭が良いです。私はいつの間にか自分と兄を比較し、自信を失っていました。自分はできない。期待しないで。比べないで。周りの人は比べている訳ではないはずなのに、比べられている、と勝手に思い込んでいました。受験生になった時、勉強をするのがとても嫌になった時がありました。知らない間に色々な不安が積もり、すべて放棄したくなったのだろうと思います。ある日私は塾を休みたいと言いました。理由はありませんでした。でも嫌で嫌で仕方がありませんでした。母を困らせた罪悪感からいつの間にか車で大泣きしていました。ふっと私は母に「生まれてこなければ良かった。」と言いました。すると母は「ママは真由がいないと嫌だよ。」と言ってくれました。初めて私は、自分の存在をしっかりと感じられました。兄と比べて伸しかかっていたものもすっと軽くなりました。

お盆の特別合宿で熱意ある友人に出会い、本気で岐阜高校を目指しはじめた私ですが、そんなに簡単にはいきませんでした。岐阜模試が終わる度に泣き、数学でなかなか点数がとれず泣き、その度に校舎長と話をしました。ある時、校舎長が私に1つの言葉をくれました。「どうせやるなら楽しんで。」先生が社長からかけてもらった言葉だそうです。その時私は、結果が出ないのに楽しい訳がないと思っていました。しかしのちにこの言葉は勉強に対する私の考えと、私の性格を変えていくきっかけとなりました。

それから、苦手な数学に手をうち、泣いてくじけそうになっても、まだ大丈夫、と言いきかせて走り続けました。するとだんだんと勉強している自分を好きになっていきました。英作文を書いている時、作文で満点をとった時、数学の点数が良かった時、勉強って意外と楽しいかもと思えるようになりました。

後半戦で波にのりはじめた私。しかし、2月後半からまた試練が訪れました。直前講習で理科・社会の点数が伸びない。第7回の岐阜模試も、目標点数ぎりぎり。周りの張りつめた緊張感。色々なものが押し寄せてきました

入試2日前。最後の授業中での問題演習。数学でした。結果は、方程式を全て落とし、他もボロボロ。今までで一番悪い点数でした。今まで数学、数学と苦しんでやってきて、みんなより2倍はやったはずでした。もう自信を失い、放心状態でした。休憩中、トイレの鏡の前で、ぼーっとしていました。休憩後も外に出ることができませんでした。頭の中は、さっきの答案用紙ともう無理だという私の声でいっぱいでした。その時、ドアの向こうから声がしました。「大丈夫。まだこれから。あと2日ある。大丈夫やって。大丈夫。」その子は私の一番の友人でした。同じ高校を目指して共に歩んできた子でした。知らない間に私は声を上げて泣いていました。嬉しかった。とにかく嬉しかったです。こんな仲間に出会えて本当に良かったと思っています。その後、校舎長とも話をしました。「あとは自信があれば絶対大丈夫だから。真由さんは気づいてないけど、ものすごく成長してる。沈んでもしっかり立ち上がって進めてるから。」それから自信をつけるために数学をやりました。そのおかげで自信をもって受けにいけました。

私はこの受験を通して、くじけずはい上がる自分を手に入れました。人一倍悩んだからこそ、私が手に入れたものは大きかったです。苦労しただけ、成長できる。この言葉は嘘ではありませんでした。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
髙橋 瑛多
茜部校
厚見中学校

感謝できるから、本気になれる。

僕の受験は、正直波だらけでした。僕がこの受験で大切だと感じたことは心もちです。その心もちについてここに書こうと思います。

まず、僕が勉強を意識し始めたのは3年生の夏くらいからです。それ以前も勉強は大変だと思ってやっていましたが、心に火が付いたのは夏だと感じています。夏に僕はお盆特別合宿に参加しました。岐阜高校を目指すという高い志と共に僕は自分以上の学力がある人たちの中へ飛び込んでいきました。やる気はありました。合宿テキストに取り組み、トライアルという1問1答もやりました。時間は足りないと感じました。しかし、これらをこなして当然の人達の集まりなのだから、自分だけ置いていかれたくはないと思ってはいました。そして合宿がやってきました。張りつめた雰囲気はなく、明るい先生、楽しい仲間とすぐ打ちとけました。楽しくやれそうだ、そう思いもしましたが、彼らの勉強に対する集中は恐ろしいものでした。その中でもトライアル、100問100答のテストでは、差を感じてしまいました。大勢の人が上位で名前を呼ばれている。自分が情けなく泣きたくなりました。しかし、泣いている暇があったら授業に集中しようと、合宿の授業では、多くのことを吸収しようとしました。実力の差を感じた僕はついていこうと必死でした。もしかしたら、少しは悔しいと思っていたのかもしれません。

その後、成果は出ます。休み明けのテストでは学年1位をたたき出しました。これはすごく嬉しい事でした。不安に思っていた心もちが、良くなっていきました。正直、今は波に乗っていると思っていました。その後、調子の良い結果が続きました。高く盛り上がった心もちの頂点で僕はふんぞり返って高笑いをしていました。今なら岐阜高校合格もいけるぞ!そう思っていました。

しかし、波は長くは続きませんでした。第5回岐阜模試、2時限目、数学。僕は解らなかった問題を1つとばしました。これはよくあることです。しかし、次の問題も解けない。おかしい、そう思ってまた次の問題をやり始めました。解けない。その時、僕の中の何かが切れました。戻る、解けない、次、分からない。僕は完全に焦っていました。その結果は平均点を下回り悲惨なことになってしまいました。この時から僕の成績は落ち込んでいきました。90点以上をとらなくちゃ、周りに追いつかなくちゃ…。この時の僕の高かったはずの心もちは、くり返される点数の悪化と満足いかない結果による焦燥で風化し、浸食されていきました。第6回の岐阜模試が返却された日、悔しさと不甲斐なさ以外の何ものでもない思いに泣きました。母はそばにいてくれましたが、僕の情けない思いはぬぐいきれませんでした。僕は気が緩んだのです。その時、出願先の志望校をひとつ、下げました。

それから再び、僕の心もちは変わっていきます。実は、第7回の岐阜模試は驚くほどの快調でした。出願先を決めてしまった僕は、やっぱり自分はできるやつだ、と思い、そこで首位をとる思いで勉強を続けました。嬉しいことに再び成果は出ます。プレテストも良好、実践テストでも申し分ない結果が出せるようになり、再びいい心もちになっていきました。多分、志望校を下げ、安心したことで本来の実力が出せるようになったのだと思います。その時、僕の心もちは極まりました。

そんな中で声をかけて下さったのは、校舎長である細田先生でした。有難いことに先生は僕に再び岐阜高校を目指さないかと言って下さいました。僕は決意を固めたつもりだったのに、再び真剣に考え直そうと思いました。岐阜高校を目指してやってきた僕…。今、目指せるなら歩き出さない手はない、と僕は決断しました。出願先変更、岐阜高校を目指す。極まった僕の心もちは、誰からも奪われず、壊されることなくただ僕の闘志をつき動かしていました。自分でも信じられない自分がそこにいました。

決して忘れてはならないこと、それは、この姿の僕ができたのは自分1人ではないということです。総塾長はおっしゃいました。

「感謝してないから、本気になれない。」

そう、僕は家族、友達、志門塾の先生、その他多くの人に感謝しなくてはなりません。そばにいてくれた家族、励まし合い、切磋琢磨し合った友達、丁寧に指導して下さった先生、みんな僕と向き合ってくれて本当にありがとう。僕はおかげで結果を残すことができました。例えダメでも、今の僕が完成したことが1つの大きな成果です。僕は次のステップへ進みます。また自分をとりまく環境と共に強くなりたいです。もちろん、心もちは高く持っていくつもりです。

ページのトップへ戻る

岐山高校 合格
川澄 秀統
羽島校
竹鼻中学校

本当の意味で、受験に成功するということ。

受験が終わった今、一番思うことは、僕をこの3年間ずっとささえ続けてくれた家族や先生への感謝です。

僕が受けた最初の岐阜模試で僕はこの高校には入れないという結果でした。それから僕はがんばろうと思いました。中3になり中1の弟が入ってきたこともあり、中2のころの定期テストでとったこともないような点数がとれるようになりました。しかし、岐阜模試の点数はあまり変わらなく、落ち着かない日々が続きました。夏休みに入り、僕はいろいろな人の言葉でがんばろうという気分になることができ、これから本気でやろうと決心しました。夏休みのお盆特訓では塾の仲間たちと本気で勉強に取り組めました。お盆特訓では朝から夜まで勉強していたのにとてもいい思い出になりました。夏休みが終わると学校でも受験ムードになってきました。このころは岐阜模試の点数もとても高くなり、志望校を受けられるくらいになってきました。後期に入り、入試の過去問などを何度も解いていくことでどんどん自分の力になっていくような気がしてとてもうれしかったです。受験まであと100日になったころから自分は本当にこの高校がいいのか、とか自分に自信がもてなくなり大きな不安がありました。その時僕を助けてくれたのは母でした。母と僕で相談して悩んだ結果、このままの進路でいくことに決めました。受験までの日数はとても早くすぎていきました。受験が近くなり焦りが大きくなってきた僕はなにをすればいいのかわからなくなる時がありました。そして、自習室に行くのをサボってしまう時もありました。それでも、本気でがんばってくれる先生たちの言葉から、本当に自分にとって何が一番いいのかがわかるようになりました。1月の初めの正月特訓では塾の仲間たちとがんばることで、とても楽しく充実した3日間でした。正月特訓が終わると先生と英語の特訓をするようになりました。夜12時までかかる時もあったけれどそれが英語の実力になっていきました。岐阜模試でも合格圏をキープすることができるようになりました。入試まであと1週間となり、模試の過去問も終わりあとは受験を待つだけとなりました。入試前日、僕は緊張していたけれどそれでも岐阜模試の結果や、自分の周りにいる多くの人の応援から自分に自信を持てました。そして僕は多くの人に支えられていたのだと気付きました。受験当日は、適度な緊張を持って受けることができました。そして合格発表の日。僕には不安もあったけれど、それ以上にこれまでの多くの努力から不思議なぐらい落ち着いて自分の番号を見に行けました。周りは喜びの声でいっぱいでした。多くの人をかきわけ自分の番号を必死で探しました。そこで僕の番号を見つけました。とてもうれしかったです。そして自分が受かったのはみんなのおかげだと思いました。僕は多くの人に支えられて生きています。次もまた支えてもらうでしょう。でも自分でも人を支えられる人間になりたいです。

僕はまだまだ多くの試練を乗り越えなければなりません。この受験を通して僕は多くのことを学びました。これからも自分に身についた力をなくさぬよう努力を続けます。そして今まで支えてくれたたくさんの人。本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

岐阜北高校 合格
山田 佳奈
羽島東校
竹鼻中学校

自分一人ではないことを知った受験。

私には、3つ上の岐阜北高校に通う姉がいます。中学1年生から姉にあこがれを持っていました。そのため、岐阜北高校を受験しようと決めていました。

中3の夏、お盆特訓に行きました。お盆特訓では、成績上位者の順位が貼りだされるお盆レースが行われましたが、成績上位者の中に入ることができず、悔しい思いのなか1点の大切さを学ぶと同時に、誰にも負けたくないと、勉強をさらにがんばるきっかけにもなりました。夏期講習最後に行われた岐阜模試では、今までの緊張とは比べものにならないほど緊張しました。しかしそこで、夏期講習前はDだった岐阜北高校の判定をBまで上げることができました。とてもうれしかったです。

しかし中3最後の学校の懇談では、どん底まで突き落とされるような思いになりました。定期テスト、実力テストの点数が大幅に上がったにも関わらず、内申点は下がってしまい、「岐阜北高校を受けることは、挑戦になる。」と言われました。中1から姉にあこがれを持ち、勉強をがんばってきたはずなのに、誰にも認められていない気がして、さらに不安な気持ちでいっぱいになりました。しかし、見返してやりたい、くやしい、このまま落ちたくないと思い、忙しい時間でしたが母が小川先生に電話をしてくれました。すると母が泣いて話していることに気づきました。私も母と声を上げて泣きました。そんな私たちに小川先生は、「大丈夫、佳奈さんなら必ず行ける」と言って励ましてくれました。泣いてまで心配し、どうにかしようとがんばってくれた母、そして、それを優しく聞き、励ましてくれた先生のおかげで、私は立ち直ることができました。

その日から、毎日、だれよりも勉強して受験をがんばろうと思うようになりました。もちろん辛かったけれど、母のためにも、合格しなくてはいけないと思うようになっていました。だから、がんばることができました。すると最後のプレテスト。自己最高点、そして、自分が満足できるような点数をとることができました。また、少しだけ安心して、受験に挑むことができました。

3月15日。もちろん自信は、全くありませんでした。紙が貼り出されました。自分の番号がありました。一瞬で見つけて、声を上げ、母の所まで走って行きました。すると母が「よくやった。がんばった。よかったね。」と今までのがんばりをすぐほめてくれました。そこには、言葉で表すことのできない、うれしさ、達成感、安心感がありました。

今思い返すと、今回の受験は、たくさんの人に支えられていたことを感じます。一番近くで見てくれていたのは母でしたし、応援してくれたのも母だったと思います。母と同じぐらい、私のことを考えてくれた、小川先生、田中先生がいます。そして、どうしていいか分からなくて困っているときには、忙しい中、勉強法を教えてくれた姉、見たい時にすぐテレビを見せてくれたり、塾に行く前は「がんばれ」と忘れず言ってくれた父。この受験を通して、自分は1人ではないことに気づきました。そして、精神的に成長することができました。

家族のみんな、小川先生、田中先生、この大切な1年間を近くで支えてくださり、本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

岐阜北高校 合格
伊藤 雅晃
本荘校
陽南中学校

頑張ることこそが、感謝を表すこと。

僕にとって「受験」とは、自分を変えることができるチャンスです。

僕は、中学1年生の春に志門塾本荘校に入塾しました。そのころは「受験」について真剣に考えることがなく、ただただ毎回の授業を受けているだけでした。また、そのころは自習室にも中々行かず、家にいたり、遊んでばかりでした。しかし、そんな自分が勉強に熱心に打ち込めるようになったのは、中学3年生になってからです。中学3年生の時に行われた高校についての説明会でどれだけ「受験」というものが大変で苦労が必要なものなのか、どれだけ自分が勉強に集中して取り組まなければならないのかということをとても強く感じました。

それから、僕は本荘校の自習室に行く回数が増え、夏休みや休日は昼と夜に弁当を持ってきて、1日中勉強するようになりました。僕はもともと、家にいては勉強ができないタイプの人間でした。しかし、そんな自分が自習室に多く来れるようになったのは、高校についての説明会による自分の気持ちの変化もあると思いますが、何より、いつも自習室を開けてくださる本荘校の先生方がいたからだと思います。また、本荘校の先生方は、僕が質問をしにいった時に、優しく、そして、丁寧に、ねばり強く教えてくださいました。そんな優しくて、明るい先生方がいる本荘校に入塾することができて本当によかったと思っています。

そして、何よりも、いそがしい時でも弁当を作ってくれたり、雨の中でも、送り迎えをしてくれた親がいてくれたからこそ、僕は、こうして「受験」を乗り越えることができたのだと思います。そんな親への感謝というのは、「合格」という形で表すことが一番よいのかもしれません。しかし、僕は、日々の自分の勉強に対する頑張りや自習室に行こうとするなどの「受験」までの過程が一番親への感謝を表すことができるのだと思います。だから、僕も、親への感謝を表すためにも、自習室に多く行って、勉強に一生懸命励むことができました。また、僕の「受験」を一番に考え、応援してくれたのは、親です。そして、親だけでなく、学校の先生方や、または、先輩や後輩を喜ばせることができるチャンスが「受験」だと思います。自分の周りには、自分が思っている以上に自分のことを思って支えてくださっている人が多くいることを、今回の高校受験で知ることができました。そんな人たちに感謝を表すことが何よりも大事だと思わせてくれたのがこの志門塾です。そんな志門塾に入塾できたことが今でも、本当によかったと心から感じています。「自分を支えてくれている人たちに感謝を表す」ということは、とても簡単そうに見えて、とても難しいです。だからこそ、そんな人たちに感謝を表せた時には、自分も相手も心から喜ぶことができるのだと思います。「自分を支えてくれている人たちに感謝を表す」ということは、これから生きていく人生の中で決して消えてはならないものだと思います。これから、僕は、高校で新たな仲間や先生方に出会い、さらにその後は大学進学や就職をする中で、様々な人に出会います。その人間関係の中で、絶対に欠かせないものは、「感謝」だと思います。相手に「感謝」する気持ちがなければ、相手との話の中で本質的な部分ですれ違い、さらには、けんかにもなってしまいます。だから、相手に「感謝」することはこれからの人生でずっと必要です。そのようなことを教えてくれた志門塾に僕は「感謝」しています。これからの人生はまだまだ長いです。その人生の中で、僕は、周りの人に感謝する気持ちを忘れず、自分で決めた自分の歩むべき道を胸を張って突き進んでいき、自分の明るい未来へとつなげていきます。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
櫻木 歩夢
RESPECT長良
三輪中学校

『支え合い』は、人を大きく、豊かにする。

3月15日、午前9時、僕の人生が大きく動いた。

僕は、高校の合格発表で自分の受験番号を見つけた。本当に嬉しかった。とても喜んだ。お世話になった先生、親、友達と感動を共有した。この時、自分は恵まれていると感じた。こんなにも、感動を分かち合える人がいることに改めて気づいた。この結果は決して一人で掴み取ったものではなく、多くの人の支えによるものだと感じた。だから、僕はこの体験から学んだ、人の支えとはものすごく大きな力であることを伝えたい。

僕は、人はたとえ一人であっても、努力次第で何とでもなると思っていた。しかし、この考えは、全く間違っていた。これを証明するかのように、一人でやってやろうと考えていた時期の成績は思うように伸びなかった。それどころか、下がってしまうこともあった。そして、気づいた。一人ではどうにもならないことがあると。そこからの僕は、どうすれば良いかを考え、行動に移していった。塾や学校の仲間とコミュニケーションをとる、家族にお礼を言う、死んだ祖父にもお参りをする。こうしたことを続けた結果、成績が不安定ではあるが、良くなってきた。こういうことを毎日、毎日続けていくと自然と気持ちがほぐれ、今までの変なプライドがなくなっていった。人との関わり、人に頼ったり、人を助けたりすることが本当に素晴らしいことだと思った。よく言う、「人は一人じゃ生きられない」ということをつくづく感じた。

そして、受験当日。僕はとても緊張していた。だが、今まで支えてくれた人の思いを考えたことで、これだけ支えてもらったのだから、やるしかないと思えた。自分はできると信じられた。こうした感情が、やがて、自信に変わり、マイペースを取り戻せた。

僕の体験から言えるのは、人の支えはとても大きい。人は誰でも誰かに支えられて、生きているということだ。そしてこの支えに感謝し、支えてくれた人の思いを感じることで、成功に導く。

さぁ、次は僕たちの番だ。「支え」から「支え合う」にできるようにしなければいけない。今まで支えてくれた人に恩返しができるようにしたい。「支え合い」は人をもっと大きく、もっと豊かにしてくれるだろう。

受験を終えた今、僕の人生の「支え合い」の第一歩を踏み出したい。そして、いつまでも支え合うことを忘れないようにしたい。

お世話になったみなさん、本当にありがとう。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
黒川 真緒
七郷校
岐阜西中学校

自分を信じることの大切さ。

私はこの高校受験を通して「自分を信じることの大切さ」を学びました。

私は自分から勉強することが苦手で、何をしていいのか指示がないと分からないという人間でした。だから、自分から自習室を使おうとすることもなく、ただ塾で出された課題を淡々とこなすだけでした。それでも、「やるべきことはしっかりやりきる」ということは自分の中で決めていました。みんなより多くやれる力がないのだから、課題のひとつひとつはしっかりやりきろうと。ただやるというのではなく、自分で説明ができるくらいに身に付くやり方をしようと思っていました。よく独りごとで覚えたことを反すうしたり、身振りや手ぶりを使って感覚的に覚えたりしました。そういった習慣は3年間変えませんでした。分からないところをなくす、満点にこだわるという姿勢も大事にしていました。

1・2年生はそれで良かったのですが、3年生になって、急に点数がとれなくなりました。今までどおりやっていたのにという思いと、自分が怠けていたからだという思いがありました。3年生になってみんな頑張り始めたのに、私は今までどおり自習室にも行ってなくて、やっぱり自分の努力が足りていないんだと思いました。けれど何をすればいいのか分からず、漠然と「勉強がいやだ」と思うようになりました。頭ではやらなきゃと分かっていても行動が伴いませんでした。

そんな私が少しやる気になり始めたのは、正月特訓のあたりでした。課題が山積みで、私は漠然とやれと言われるとできないけれど、課題を1つずつ終わらせるのは楽しかったので、そこから少しやる気になりました。そこから2か月はあっという間でした。今までは妹が行くから仕方なく行っていた自習室も、気づけば行くのを苦と感じなくなっていました。

入試当日。私は岐阜模試で「緊張すると力が出せないタイプ」だと分かっていたので、逆に今までどおり落ち着いて解いたら勝ちだと思いました。3年間の習慣で分からないところはなくしたつもりだったから、そんなに不安に思うこともなく、ただの通過点だし、360人も受かるし、今が力を見せるチャンスじゃん!と思っていつもどおり取り組みました。周りから「難しかった!」という声や答え合わせをする声が聞こえてきたけれど、全部無視して自分が正しいと信じました。苦手教科はとれなくても他でカバーできるから…と割りきっていたし、自分の1・2年からの努力を信じていたから。動揺することが一番ダメだと分かっていたから。そうやって何とか平常心でやりきることができました。自己採点では入試対策としては自己最高点で、自分を信じることができたからだと思いました。

合格は一番母が喜んでくれたように感じました。父、母、妹たち、祖父母たち…私を周りで支えてくれたたくさんの人が私の合格を喜んでくれました。私をたくさん支えてくれたことに感謝しているとともに、私を気にかけてくれたことに本当にうれしい気持ちになりました。

この合格は周りの人の支えがあってこそです。だけど、この合格はまだ1つの通過点に過ぎません。ここから先が頑張り時だと思って、この3年間の習慣を続けていくとともに、さらに高いところを目指し続けていきます。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
矢島 佑弥
ふれあい会館西校
精華中学校

学習は楽しいものだということを知った。

この受験を通して知ったこと。それは、学習は楽しいものだということ、コツコツ取り組むことはとても大切だということ、そして、志門塾の人たちは素晴らしい人ばかりだということだ。

「志門塾」という名前は、前から知っていたが、自分がそこに入ることになるとは思っていなかった。しかし、3年生の夏休み、だらけてしまう夏休みくらいは、夏期講習を受けようということになった。それまで「塾」にはあまり良いイメージを持っていなかった。しかし、初めて行ったふれあい会館西校では、先生は面白いし、丁寧で、授業も分かりやすかった。この先も続けたいと思えた。けれど、お盆特訓、正月特訓で、それはこの校舎だけに当てはまることではないと確信した。他の校舎の先生たちの授業も、面白く、生徒のことを考えていることが伝わってきたからだ。志門の先生たちは、本当にすごいなと思った。

夏期から夏秋、秋期、冬期と、講習を受けることを通して、少しずつだけど、力をつけていくことができた。けれど、岐阜模試では、苦手な数学だけでなく、国語や社会、理科でも、点数は伸びず、ガクッと下がってしまったこともあった。その中で、志望校を、岐阜北高校か岐阜高校のどちらにするか、中々決めることができなかった。しかし、近藤先生は岐阜高校でも行けると言ってくれ、心強かったし、家族も岐阜高校にすることを後押ししてくれた。岐阜高校に行くと決めたからには、今まで以上に頑張らないといけないと思い、それまで以上に問題集やテスト直しに取り組んだ。プレテストでは、思ったよりも良い点数を取ることができた。しかし、そこから3月8日までは、1日が短く感じられ、不安に思うこともよくあった。入試前日まで、問題集などに真剣に取り組んだ。そして、入試当日。自分を信じて1問1問に向き合った。お守りの、近藤先生、足立先生、松岡先生のメッセージを読み、嬉しかった。5教科を終え、悔いはあったが実力を出し切れたので、良かった。

3月15日、同じ中学校の友だちと、張り出された受検番号を確認した。自分の番号、そしてその前後の、同じ中学校の人たちの番号があった。自然と笑顔になった。夕方には、志門の合格祝賀会があり、心から楽しむことができた。今までコツコツ取り組み、頑張ってこられて良かったと思う。この良い習慣を、途切れさせずに続けていきたい。

志門塾の先生、学校の先生、友だち、そして家族に、ありがとうございました。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
犬飼 和
トップレベル選抜・岐阜
岐阜大学教育学部附属中学校

支えてくれる人がいる幸せ。

「岐阜高校を受ける。」

私が意志を固めたのは、受験日から10日前。勉強に本腰を入れだしたのはその日からだった。

私は中学校3年間、実力テストと定期テストどちらを見ても、岐阜高校に届く点数どころか、400点台をとったのも数回しかなかった。しかし私は周囲の人にずっと岐阜高校を受けると言い続けていた。何を根拠に言っていたのか正直私にも分からないが、岐阜高校を受けたいという私の思いは誰に何を言われようと変わらなかった。

塾で受ける最後のプレテスト。澤田先生には、ここで最低430点はないと岐高に合格するのは難しいとはじめから言われていた。いざ点数を見てみると結果は419点。目標点には全く届いていなかった。岐阜北高の平均点の1点上。もしかしたら北高でさえも不合格になってしまうような点数だった。澤田先生に厳しいということをストレートに伝えられた。このテストまで私なりに頑張ってきたつもりだったので正直打撃が大きかった。もうこれから勉強をしても無駄じゃないかとも思った。しかしもう悩んでいる暇もなく、焦っていた。自分1人で志望校を決定することができなかった。その日の夜11時、突然父が塾にやって来た。澤田先生と懇談をしたいとのことだった。しかし澤田先生が来ても父は言葉を発さなかった。

「どこの高校を受けるか言え。」

この一言だけだった。後々聞くと、私自身に覚悟を決めさせたかったようだ。私は岐阜高校を受けたいと表では言っていたが、父から見るとこの気持ちの持ちようでは落ちると踏んでいたようだった。私に覚悟を決めさせるためだけにやって来たのだ。長い間沈黙が続いた。私はようやく覚悟を決めた。

受験日の10日前。周りの人と比べ物にならないくらいの点数の人がこんなギリギリに本腰を入れ始めても遅いに決まっている。高望みの志望校なのではと言われたこともあった。そんな逆境の中、私はその人達を見返してやろうという気持ちがつのっていった。

死ぬ気で勉強する。この言葉を使う日は私に来ないと思っていた。でもそのくらいの思いでやらないと落ちる。私は死ぬ気で勉強した。毎日、加納先生と2時間ほど社会の確認をした。私にはやるべきことがありすぎた。どれだけやっても足りないくらいだった。そんな私に根気良く教え続けてくれた先生に感謝だ。

私が一番感謝の想いを伝えるべきは間違いなく親だ。特に父は一番私を信じ、岐阜高校を受ける背中を押してくれた。母とは何度もぶつかった。涙を流しながらケンカしたこともある。影ながら私を一番心配してくれたことを私は知っている。

色んな人の支えがあったからこそつかみとれた「合格」という2文字。不可能を可能に変えることができたのも周りの人がいたから。私は1人では何もできない弱い人間なのだ。そんな私を強い人間に変えさせてくれる存在がいるのがとても幸せだ。

「感謝」

この一言にすべての思いを込めて今まで支えてくれたすべての人に伝えたい。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
大野 由惟
柳津校
笠松中学校

信じ続けるということ。

私は中1の冬に志門塾に入りました。そのころから、志望校の候補の中に岐阜高校は入っていたけれど、自信がなかったため、絶対にここに入学したいという強い意志はまだありませんでした。しかし、そんな気持ちで勉強をしていた私は、定期テストや岐阜模試でなかなか点数を上げることができませんでした。私は悔しかったし、このままではいけないと思いました。だから塾の自習室に通い続けたり、学校や家での勉強時間を大切にしたりするようになりました。そして岐阜高校に絶対に通いたいと思うようになりました。

入試の日が近づいてくると、同じ校舎の仲間や学校の友達も今まで以上に勉強を頑張るようになっていたし、自分のこの点数で本当に合格できるのかな、という不安も感じていたけれど、私はこの高校に行くという強い意志と塾の先生や仲間、家族の支えのおかげであきらめずに勉強をし続けることができました。入試プレテストで思うような結果がのこせなくて、自分や家族の焦りも感じていたけれど、今やるべきことをしっかりとやり切ろうと思って集中することもできたし、お盆特訓や正月特訓など、今まで自分が乗り越えてきたことを信じることができたので、入試当日もプレッシャーに負けずにテストに臨むことができました。

でも、自己採点では充分とは言えない点数でした。私はあきらめてしまっていたけれど、今まで支え続けてきてくれた家族は合格発表の日まで信じ続けてくれました。私はその時、岐阜模試で目標の偏差値を超え続けてこられたことや毎日塾に通い続けていたことを思い出し、もう一度、自分を信じることができました。そして第1志望の高校に合格することができました。自分の受検番号を見つけた時、嬉しさやいろいろな方への感謝、安心感…。さまざまな思いが胸にこみあげてきました。あきらめずにやってきて良かったな、と心から思いました。

高校に入学してからの勉強は今まで以上に大変だと思うけれど、あきらめずに努力していこうと思います。そして、この先どんな苦労や困難が訪れてもまわりの支えてくださる方々に感謝し、自分を信じて立ち向かっていきます。こう思えるようになったのは志門で高校受験を経験して、多くのことを学べたからだと思います。今まで本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
林 朋宏
揖斐川校
北和中学校

毎日を大切にして、一瞬を無駄にしない。

僕はこの高校受験を通して初めて「努力を続けること」の大切さを知ることができました。

中学3年の夏、部活動に打ち込む生活が終わり、いよいよ受験生としての戦いが始まろうとしていました。その時僕は、ほとんど不安を感じていませんでした。それは1年生の時からテストや学校の成績も一定で、「なんとかなるだろう」という勝手な自信があったからです。そんな気持ちで受けた第2回の岐阜模試は自己最低点数でした。僕なんかより、もっと頑張っている人はいくらでもいることを実感しました。そしてようやく自分の目を覚まし、スタートすることができました。

夏期講習を始めた僕はできない問題があると、とても悔しくて、1問でも多く解けるようになりたいという思いでいっぱいでした。自分の苦手教科だった英語と数学にもくじけずにチャレンジすることができました。フロンティアードで行われた「お盆特訓」は今でも本当に印象に残っています。周りにいる人たちはみんな頭が良さそうに見えたし、自分ができない問題でもスラスラ解いているので別の世界に来ているような感覚でした。しかし、この期間で確実に自分の力をのばすことができたと思います。第3回の岐阜模試では、点数を150点以上も上げることができました。この時は本当にうれしかったしこのままだったらきっと合格できると思いました。第4回の岐阜模試でもこの結果を出すことができました。

この時、僕の志望校は大垣東高校でした。あと少し点数を上げれば大垣北高校に行ける状態だったので、僕は大垣北高校に行けたらいいなと思うようになりました。しかし結果は簡単にはついてきませんでした。第5回の岐阜模試では大幅に点数を落とし、大きな不安を感じました。願書を出す日もせまってくるので、本当に北高でいいのかすごく悩みました。しかし、そんな時父と母は僕にこんな言葉をかけてくれました。「無理しなくていいよ。本当に自分が行きたいと思うところを選んで。」その言葉は僕の迷いを打ち抜きました。僕は自分の力で北高に合格したい、そう強く思いました。今思うと、家族の力がなかったら、僕は逃げていたかもしれないと思います。

それからの日々はあっという間に過ぎていきました。分からない問題は自分でできるようになるまでやり切り、質問もたくさんしました。1日1日がとても大切に思えて、1点の重みを感じることができました。第6回、7回と岐阜模試が終わっていくうちに志望校が近づいてくる気がして、本当にうれしかったです。

そして最後のプレテストでは自己最高得点を出すことができました。入試本番では、とにかくいつも通りやることを意識しました。テスト中は今まで教えてもらった先生の言葉をひとつひとつ思い出しながら解いていきました。テストが終わった瞬間、全身の力が抜けました。すべてを出し切り、達成感にあふれていました。これから高校受験を戦っていくみなさんにも、ぜひこの気持ちを味わってほしいです。受験生の日常は苦しいことばかりで本当に大変です。でも人生に1回しかないこの高校受験で学べることもたくさんあります。自分の力を信じて挑むことでそれを感じることができます。だから、毎日を大切にして一瞬を無駄にしないように頑張って下さい。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
河合 晃太
トップレベル選抜・大垣
関ヶ原中学校

最高の受験の源は、楽しく受験すること。

僕は中学1年生の時に志門塾の垂井校に入りました。入塾したときは先生と話すことにも恐怖を感じるほどの臆病者でしたが、次第に塾での学習環境に慣れ、塾が身近にあるものと感じることができました。しかし期末テスト、実力テスト、統一テストの成績は全く上がりませんでした。僕はそんな自分に失望していました。

転機は中2の合宿でした。初めて経験した勉強づけの毎日。上位層のレベルの高さを実感できたテストと講座。そして励まし合う関係にまでなった最高の仲間、僕はそれら全てに影響をうけ、勉強に対する意欲を取り戻すことができました。

それ以降は勉強のみならず学校生活や部活にも熱が入り、成績もぐんと伸びました。このとき僕は初めて勉強の楽しさと最高の仲間がいることのありがたみを知ることができたと思います。僕は誰よりも充実した中2の1年間を過ごすことができました。

新中3の春休み、僕は1つの決断を下しました。それは垂井校からトップレベル選抜・大垣に移ることです。最初はまた新しい環境で勉強しなければならないことにためらっていましたが、山本先生、藤先生、藤井先生の後押しのおかげで新たなステージにまた一歩踏み出すことができました。

選抜大垣で初めての授業。僕は垂井校に帰りたくなりました。難しい授業内容に苦戦し逃げ出したくなりました。しかし僕は弱い気持ちに負けずに歯を食いしばって勉強しました。

こうして難関私立対策講習をやっていくうちに、僕は知識や解法を自分のものにすることに快感を覚えました。そして滝高校に挑戦したいという思いになれました。

難関直前講習期間、僕は塾が本当に楽しくなりました。問題で間違えても「新しい知識が増えた」とプラスに考えることができました。やっぱり何事も楽しくやることが自己の成長につながると確信することができました。

滝高校の入試本番、僕は今までやってきたことを信じて受けました。感触は微妙でした。

滝高校の合格発表の日、その日は直前講習があったので帰宅してから合否を知るはずでした。だけど、自習室で勉強しているといきなり萩島先生に呼び出されました。怒られるのかなと思っていたら、母からの電話でした。母から一言、
「滝高校は特待でした。」
その時は嘘だと思って母を疑ってしまいました。これに関しては一生後悔すると思いますが、とりあえず30分後に山本先生に電話しました。山本先生からは
「おめでとう。」
あんなに厳しい先生から「おめでとう。」と言われると、心の底からうれしくなりました。

公立でも岐阜高校に合格することができ、僕は最高の受験をすることができました。その源となったものは「楽しく努力する」だと思います。

みなさんも楽しくがんばってください。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
木下 菜々子
担任制
興文中学校

自分を変えてくれた受験。

この受験で私は変われた。何にも本気になれなかった私が、何かに本気で打ち込むことの楽しさを知った。そして、周りの人に感謝できるようになった。

私が変わる大きなきっかけとなったのは、夏に行われたお盆特別合宿だ。ケータイもテレビもない環境の中で朝から夜まで勉強する6日間は決して楽なものではなかったが、最終日になってみると、「帰りたくない」と感じている自分がいた。コツコツ頑張っている仲間に刺激を受け、自分も頑張ろうと思えた。最高の仲間と最高の先生達と過ごせた最高の6日間だった。

合宿が終わり、私はほとんど毎日自習室に行くようになった。分からない問題は先生に質問し、自分の納得がいくまで勉強した。第3回の岐阜模試では、第2回から100点アップすることができた。稲垣先生が、笑顔で「上がったな」と言ってくれてすごく嬉しかったのを今でも覚えている。夏の表彰式で表彰してもらったこともすごく嬉しかったし、自分の自信になった。今思うと、あの夏があったから今の自分があるのだと思う。講習や授業を通じて、自分に力がついていっているのを実感できた時は、本当に嬉しかった。今までの自分ならここで満足してスピードダウンしていたと思うけど、そうではなくてもっと上を目指せている自分にその時少し驚いた。また、頑張れる自分のことを少しだけ好きになれた。

私がここまで成長できたのは、周りの人達のおかげだ。まずは、担任制のみんな。受験が近づくにつれて、担任制が1つのチームになっていっているような気がした。この幸せな環境の中で勉強できて、本当に嬉しかった。

次に、先生たち。いつも優しく励ましてくれた安藤先生。合格祝賀会で私たちの顔を見た時、自分のことのように嬉んでくれてすごく嬉しかった。すごく丁寧に質問対応をしてくれた石田先生。質問が終わると、毎回「またおいでね」と言ってくれた。一緒に過ごせた時間は短かったけど、先生が担任制に来てくれて良かった。小学校の頃からお世話になった中村先生。先生は、何をするときも全力で、本当にカッコ良い人だと思った。私も、先生のように芯のある大人になりたい。そして、私を変えてくれた稲垣先生。先生は、私のマイナス思考をいつも良い方向に導いてくれた。テストの点数が上がるたびに声をかけてくれてすごく嬉しかった。受験前日も当日も「いってらっしゃい」と握手をしてくれて本当に心強かった。大垣北高校を受験させてくれて、ありがとうございました。

担任制は、私の原点。また成長した自分で担任制に戻ってこられるように、これからも私らしくがんばりたい。

ページのトップへ戻る

大垣南高校 合格
野澤 麦菜
スイトテラス校
興文中学校

人は変わろうとすれば変わることができる。

私は「勉強ができない人」だと思っていた。やる気も無くて、面倒臭くて、と理由を付けて勉強から逃げる日々が続いていた。

中学校に入学してから1年間は、部活のことに必死で、あまり勉強していなくても、得意な文系や簡単な分野であっさり点数を取れてしまった。そこで私は、ピタリと勉強することを辞めた。「そんなに勉強していなくても取れるからいいや」と、塾でも学校でも、いっさい机に向かう時間を作らなくなった。頑張ろうともしなくなった。

中学2年生の中間テストで、私の点数は約200点下がることになる。志望校は、公立さえ難しいと担任から言われた。小学校の頃から通い続けた塾の勉強も投げやりにし、自分が勉強をしなかったことを責められる日々が嫌で、悔しくて、つらくて涙が止まらなかった。冬を迎える頃になり、私が数年間通っていた校舎が新しく「スイトテラス校」になった。成瀬総塾長がお話をしに来て下さった。そのときの感想に、「ここから100点上げて志望校に合格する」と書いた。しかし実感がまだ無かった。むしろ葛藤はここからだった。中間や学年末テストの結果を見た母が初めて見せた涙に、自分の気持ちだけを押し付けてしまっていたことに気付いた。私はただ弱くて甘えていただけだった。やっぱり勉強なんてできない、できの悪い子だったんだ、と思わず泣きながら叫んでいた。しかしそれは、また悔し涙だった。本当は勉強ができるようになりたい。周りの皆と同じように、努力して点数を出したい。でも、1年も放置した分だけ全然うまくいかない、思うように伸びない……。しかし、こんな中途半端にくたばったら、自分が許せない。やりきれない後悔なんて、したくない。「まだ頑張れる、大丈夫。」勉強離れしてしまった私に、ずっと声を掛け続けてくれたスイトテラス校の2人の先生。「逃げてばかりじゃ駄目だよ、頑張れ!」たった一言、二言、会話する言葉が、私の支えになった。今でも、すごく大きな存在だと思う。約5年間、私のことを親身になって考えて下さった早﨑先生、小山先生。ずっと影で見てくれた父母。一緒に頑張ろう、と手を差しのべてくれたスイトテラス校の仲間。

今からでも大丈夫、頑張ろう、と思った瞬間、私のやる気のスイッチが入った。中3の夏、友達が私を見て「真面目になった?」と驚いていた。講習の度に、私は勉強することが好きになっていった。その分点数が伸び、ほめられることが増えた。受験が近付いてきた二者懇談。岐阜模試は150点近く上がった。直前講習もランキングに載り、日々のつらいことの積み重ねが力になっていると実感した。

受験は、たった1人で受けるものではなく、自分を信じて応援してくれる人たちと受けているんだと思った。だから、受験は「団体戦」。合格とか不合格じゃなくて、結果に満足できるようにしよう。絶対に、成功させてやろう。もう迷わない。急成長する私の姿に、家族は笑顔で応援してくれた。人は、変わろうとしないだけで、いくらでも変わる。受験は、努力した分だけ人を幸せにすることができる。

3月8日、私は笑顔で受験会場へ向かった。問題を解いているとき、分野ごとに教えてくれた沢山の志門の先生や友達のことが頭に浮かんだ。嬉しかった。塾に毎日通った。関わってくれた人々に、支えてくれた人々に、感謝してもし足りないと思う。ずっと支えてくれたお父さん、お母さん、ありがとう。応援してくれた早﨑先生、小山先生、ありがとう。一緒に頑張ったスイトテラスと志門生、ありがとう!最高得点を取り、私は驚きつつ合格した。しかし翌日からまた自習室。もう二度と、後悔のないように。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
早野 令都
GRAN
大垣南中学校

なぜ自分は大垣北に行きたいのか考えた。

人の3倍やらないとみんなにおいていかれる。たぶんさみしがり屋だった僕はこの言葉に救われた。

まず最初に僕がどんな人物だったのか知らないだろうから、軽く説明させていただこう。「早野令都」そうこの人物は岐阜県卓球界でかなりのヤンチャかつ実績を残していた。しかし、中学3年生のころ、なぜか大垣北高校に入学したいと言い始め、親の反対をおしきり、なんやかんやで合格した人物なのである。そして今から合格のために必要だった「なんやかんや」、「親、担任との戦い」について話していこうではないか!!

初めに「なんやかんや」とは何なのか。それは間違いなく「絶対的な勉強量」なのである。冒頭の言葉にあるように、人の3倍やるために僕は、勉強するための時間を作ることをがんばった。まずやったことは学校から直接塾に来て勉強をした。夕方の時間を使うことは、健康にもよく、夜遅くまでやるよりもずっといいものである。次に行なったことは、夜の12時を過ぎてからの勉強は、教科書を読み続けるということだ。夜に本を読む感覚でやったのだ。この2つのことをすることで、早野令都は、平日8時間以上、休日15時間以上の勉強量を手に入れることが出来たのであった。だが、なぜここまでやれたのだろう。自分でも不思議に思うが、自分的には、江口先生の今までの生徒の中で一番頑張った奴になろうとしていた。そしてある日、1度だけ、「俺って頑張ってない?」と江口先生に聞いた時があった。僕は結構いい答えが返ってくるだろうと期待していた。しかし、答えは違っていた。「もっとやっとる奴はたくさんおる、他人がどう言おうと勉強しまくれ。」と江口先生は言った。学校の人や親から勉強しすぎと言われて調子に乗っていた僕は、頭を殴られた気分であった。その言葉を言ってくれた江口先生に感謝を今ここで言おう、ありがとう。

次に、『親と担任との戦い』について話していこうと思う。3学期半ば、僕達受験生には、大きな試練が待ちかまえている。そう「三者懇談」だ。ここでは、担任の先生が生徒の内申や実力テストの点数と過去のデータを駆使して合格するか合格しないかを生徒と保護者に伝える。そこで担任は私と母にこう言い渡した。「お子さんの成績で合格した子は過去に1人もいません」それを聞いて僕は悔しかった。また母は、戦意喪失していた。そしてその戦いの延長戦は、出願変更日の前日までもつれこみ、最後は父と男同士で話し合うということにまでなった。その話し合いの前に僕は塾に行き、またも江口先生にどうすれば良いかを質問した。先生は、予言するかのごとく、「父親に想いを伝える場合、感情論だけではダメだ。北高に合格できる見込みはあるのか、またなぜ北高に行きたいのかを考えろ。」と言われた。まさかその内容が当たる訳はないと思っていたが、改めて考えるきっかけとなった。そして僕は家に帰り、父との話し合いがスタートした。2人の真剣なまなざし、それを見守る母。1秒が1日のように長く感じられた。父からの第一声、「今どんな状況なんや」。ぎこちなさはあったが、考えてあったので上手に返答することが出来た。心の中で江口先生スゴイなと思っていた。父から2つ目の質問が飛んできた。「お前、なんで北高受けたいんや。」と言われた。すかさず僕は、「俺は1番になることを、卓球でも学校でも頑張ってきた。受験勉強を頑張っていると、大垣で1番の北高が目標になった。だから受けさせてほしい。」と言った。そして父は、僕の願いを分かってくれた。僕は、嬉しさとともに、江口先生のスゴさに驚いた。父から言われた事と、先生から言われた言葉が合いすぎて、江口先生は、予言者か神か何かなのかと思った。

僕は今いろんな人にありがとうを言いたい。いろんな所で支えてくれた江口先生、ありがとう。一緒に笑ってくれた村林先生、大橋先生、ありがとう。つらい時も、苦しい時も一緒に勉強してきたGRANのゆかいな仲間達、ありがとう。そして父、母本当にありがとう。なんだか湿っぽくなってしまった。

そんなこんなで人生は楽しい。みんながんばっていくぞー。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
五反田 佳奈
池田校
池田中学校

最高の校舎と最高の仲間に感謝。

「215」この番号をみつけたとき私は隣にいた友達と声をあげて喜び抱き合いました。そして母に「ありがとう」と感謝して、家族LINEで合格を報告し、祖父母に電話しました。私の合格発表の瞬間は周りの音が何も聞こえず、ただ、ただ、喜び、声を上げ、そして胸の中で「ありがとう」を何回も繰り返しているだけでした。

私は中学準備講習からこの志門塾でお世話になってきました。私は負けず嫌いな性格なので中1からテスト前は自習室に通い、勉強に励みました。そのおかげで私は学校の定期テストでは上位の点数をとり、さほど勉強に困らずやってこれました。

中3になると「絶対、大垣北高校にいく」という目標を持ち、これまで以上に勉強をしました。岐阜模試の志望校判定でもAに近いB判定を安定してとれていたので自分でも正直、北高余裕だろうと思っていました。

しかし、ほとんどの部活が終わり、今まで部活一筋だった子も受験勉強を始め、受験が身近に感じてきた頃、私は自分が余裕ではないことに気がつきました。今まで私より点数が低かった子が急に上がり、負けず嫌いの私はその子たちに「勝ちたい」という気持ち一心でした。でも心の片隅には「私なら大丈夫だろう」と安心していました。

そして入試予想の第7回岐阜模試。結果、私の点数は校舎内で10位。泣いて泣いて泣きまくりました。今まで上位だった私には考えられない順位で偏差値も過去最低でした。負けたくない人たちに負けた自分が悔しく、なによりも私のプライドが許しませんでした。だから私は、「下剋上」を入試プレテストで実現させるために気持ちを引きしめ、「自信は持っても、安心はするな。」の精神でやってきました。自習室に行く時間を早めたり、今まで暇してきた時間に少しでも志門書を読んだりしてきました。私はこの2週間誰よりも勉強したと思います。そして誰よりも周りの人に救われたと思います。

そして迎えた最後の実力試し、入試プレテスト。なぜか緊張は弱く、今から修学旅行に行くような、楽しみが強かったです。結果、私の点数は校舎内で1位。「下剋上」の達成です。私はこれで自分に自信を持ち「かかってこい!」の受験を楽しもうと思うことができました。

そして私がこの1年を通して感じることができたことは、「感謝」することです。何よりもまずは家族に感謝です。いつでも私の味方で一緒に悩んで、栄養を考えたごはんをつくってくれたり勉強の相談にのってくれたり誰よりも私を支えてくれた母。帰りが遅いのに迎えにきてくれて、そっと背中を押してくれた父。勉強を教えてくれたり、アドバイスをしてくれたりした姉。やさしく励ましてくれた祖父母。本当にありがとう。大好き。自分を奮い立たせてくれた池田校の友達、志門の仲間。自分のように喜んでくれたり、悩んでくれたりいつでも私を支えてくれた熱心な高橋先生、川島先生、その他の志門の先生たち、学校の先生たち。私はたくさんの素晴らしい人たちに支えられここまでやってこられました。本当にありがとう。

この1年で学んだ、努力すること、自信を持ち逆境を楽しむこと、そして感謝することを忘れず次に向けて前進していきたいです。必ず誰かが見ていてくれる。そう信じて突き進んでいきたいです。

最後にこの志門塾の生徒として受験という大きな壁を乗りこえられたこと、一緒に笑って喜べることに感謝します。最高の校舎で最高の仲間と最高で最強の先生と学べたこと、過ごせたことに心から感謝します。私はみんなが大好きです。共にがんばった日々、絶対忘れません。本当にありがとう。最高の3年間をありがとう。そしてこれからもよろしく。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
安居 舞子
静里校
西部中学校

いつも支えてくれて、ありがとう。

この1年間は、今までで一番努力した1年間でした。私は吹奏楽部で11月まで活動していました。まだ部活をしていた頃の志望校は大垣東高校でした。夏休み、私たちは朝から夜まで大会に向けて練習しているのに対し、卒部したみんなはずっと勉強をしていて、このままだと自分だけ取り残されてしまう。「勉強しなくちゃ。」と思っていました。でも、部活から帰ると疲れてすぐ寝てしまい、全然勉強しませんでした。先生は、夏休みぐらいしか、まともに勉強する時間がないと言っていて、私は焦り始めました。そんな夏休みが終わり、卒部もして、岐阜模試が行われました。その時は点数が高く、大垣北高校が合格圏だったので、志望校を北高に変えました。そして、「夏休み自分が勉強できなかった分、今からがんばろう。」と思い、塾の授業が終わった後や時間があるときには自習室に行きました。

第6回岐阜模試、北高は努力圏でした。私は正直、東高に戻そうとしたけれど、浅野先生が、「このままがんばれば行ける。目指せ北高合格!!」と言って下さり、「もっと勉強しよう。絶対北高に行くぞ。」と思いました。それから、毎日4時間以上勉強しました。その結果、学校の実力テストでは結果を残すことができました。しかし岐阜模試では思うような点数には届きませんでした。今までは、11月まで部活だったから点数がとれなくても仕方ないと自分に言い聞かせていたけれど、それではダメだと思いました。塾では授業が11時までになったり、講習が長くなってきて、さらに勉強量が増え、自習室にいる時間も増えてきました。3年生の仲間も必死で勉強している姿を見て自分もがんばろうと思えたし、合格したいという思いが強まってきました。

最後のプレテスト。今までで最高の得点をとることができました。自分では満足のいく点ではなかったけれど、先生に、このままいけば大丈夫だと言われ、少し安心しました。それから約2週間、私は必死に勉強しました。入試の前日、浅野先生、岩崎先生からエールをもらい、「いよいよだ。成功させたい。」と思いました。

そして当日、今までつけてきた力を発揮することができました。北高の倍率は昨年より高く、厳しいと言われてきたけれど、この1年間努力したことに自信をもってやり切りました。その日の夜、自己採点はとても緊張しました。数学は間違っているところがたくさんあって、もうダメだと思ったけれど、合計点は意外と良くて、努力してきて良かったと感じました。

結果発表当日。すごくドキドキしました。結果を見た人たちの歓声がさらに緊張を高めて、自分の番号を探しました。68番はありました。すごく嬉しかったです。

この受験を通して、仲間の大切さをたくさん知ることができました。周りにはいつも元気で明るい仲間、相談にのってくれた仲間、一緒に自習室に行ってくれた仲間、真剣に授業を受けていた仲間。仲間がいてくれたからこそ、「塾に行きたい。勉強したい。」と思えたし、自分も本気になることができました。

夏休みも、吹奏楽部の仲間がフロンティアードの夜の部へ一緒に行ってくれたり、一人だったらできなかったことを一緒にしてくれて、助け合って勉強することができて良かったです。

私は途中で、北高はダメだと思って、下げようとしたけれど、浅野先生が声をかけて下さったり、応援して下さったりしたおかげで最後までがんばることができました。岩崎先生も講習の補習をして下さり、質問にもたくさん応えて下さり、本当にありがとうございました。

一番迷惑をかけたのはお母さんです。母は夜中の12時まで自習していても、何も文句を言わず、「がんばったね。」といつも言ってくれて、毎日努力することができました。忙しい時も送り迎えしてくれたし、体調が悪くてもいつでもしてくれて、本当に感謝です。

受験は1人でできるものではなく、周りの方たちの支えがあるからこそ成り立つものだと思います。今まで支えてくれた仲間、先生、母、本当にありがとうございました。1年間でつけたたくさんの力、成長をこれからにつなげていきたいし、いつでも感謝の気持ちを持って過ごしていきたいです。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
桐山 茜
垂井校
垂井北中学校

自分の弱い部分に向き合えた受験だった。

私の父と兄は、岐阜高専で学ぶという道を選択し、そこに通っていました。私が中3になり、進路を意識しはじめたときに受けたのはこの2人の影響でした。私は、やりたいことや行きたい学校が定まっておらず、ただ家族と同じように生きていければいいなとなんとなく最初に進路を岐阜高専に決めました。建築の勉強がしたいと、ぼんやりとした思いを抱くようにもなりましたが、中途半端な気持ちではやる気に火がつくはずもなく、日が流れていくだけでした。

夏休み。ついに私に転機が訪れました。まずは高校の見学。学校の先生の勧めとレベルの高さを意識して、公立高校は、「大垣北高校」を見学しに行きました。そこで見たのは、きれいな校舎と、北高の先輩達の姿でした。部活動をやる北高生はやっぱり真剣そのものだったし、北高についての説明をしてくれた北高生の様子や話し方はすごくかっこよかったです。校舎を見学した時には、教科書などを持ち職員室に質問に訪れる北高生を見ました。あの時の私の目には、そんな先輩達の姿がキラキラして見え、強い憧れを持つようになりました。次に、志門塾の夏のお盆特別合宿。もともと、今のままでは努力が足りないと思っていた私は、母の勧めもあり、この合宿に申し込みをしました。結果、指を引っかけて、ギリギリで参加することができるようになり、6日間の合宿へ参加しました。2年生の時にも行った合宿ですが、正直、大変でうまく友達もつくれなくて、早く帰りたいと思っていたのが本音です。でも3年の夏の合宿は違いました。同じ校舎から私以外に4人が参加し、女子も1人一緒に行ってくれたことが大きかったと思います。しかも、受験生という立場もあったし、テストで選ばれてきたたくさんの人達が合宿にはいました。そんな中で6日間過ごせたら、変われるはずです。「やらなければ。」周りの本気が私も本気にしてくれました。学校では上位の成績でなんとなく調子に乗っていた自分が、合宿に行くと一番下のクラスで、できないことがたくさんたくさん見えてきました。悔しかった。朝のテストで数学が半分くらいしか埋められない自分が恥ずかしかった。周りで走るシャーペンの音が怖くて焦った。

でも、嬉しかった。自分のできない部分が見えてきたこと、たくさんの友達ができて、がんばる彼らと勝負にならなかったかもしれないけれど競い合えたこと。本当に、本当に嬉しかった。合宿では、先生達からもたくさんのことを学びました。毎日全員が集まって、先生がしてくれた話にはいつも泣いて、自分と重ねて自分と向き合えました。努力することの難しさと辛さ、楽しさと、その先にある感動をこの夏の合宿は、私に教えてくれました。

合宿をきっかけに私は、塾に行くこと、勉強をすることを本当に楽しいと感じることができるようになりました。それまでもほぼ毎日自習室は利用していたけれど、違うんです。集中が長く続くようになりました。ぼーっとしたり、何かと理由をつけて外に出る自分が、気づいたら、3時間、4時間と時間が経ってしまうような自分になっていることに驚きを隠せませんでした。帰りの車で「なんか今日、あっという間やった」って毎日言っていました。

また、夏期からフロンティアードで講習を受けました。成績順で席が決まっていて、常に緊張感がありました。模試ごとに私は順調に前の方へと進んで行き、最後の模試では過去最高点で、一番上のクラスの真ん中ほどの席になりました。そうやって、頑張りつづけて、結果を感じてこられたのは、塾と、志門に通う中3生のおかげです。

垂井校にも、本気で頑張っている仲間はたくさんいました。分野別問題集の直しをとても丁寧にやる子、何度も質問をして、とことん追求していける子、逆に、解くスピードが速くて、他のことに時間を残せる子…いろんな子がいました。そのみんなに私は憧れていました。頑張る姿は本当にかっこいいです。私の目にうつるみんなはそうでした。みんなの目にうつる私は、どうだったんだろう。

卒塾式。先生はもちろん、本音で話す垂井校のみんなの言葉に涙が出ました。いつも笑顔な子も、「すごく不安だ。」って言っていたり、「落ちるかもしれんけど、行きたい高校を受ける。」って言っている子がいたり…強いなぁと思いました。ただでさえ、高校受験は切られるかもしれなくて、怖いものです。そんな中で自分の思いをそんなふうに語れるって、やっぱり、かっこいい。ずっとずっと私の憧れです。

この受験を通して私はたくさんの人と、たくさんの思いに出会いました。そのすべてが今の私をつくってくれています。仲間、先生、そして家族。そこにいてくれることがまず私の支えだったし、変わるきっかけを一杯くれました。本当に感謝しています。私はまだまだ弱いです。周りに頼ってばかりで、自分で決めれないこともいくつかあります。私の憧れである人達のように、自分に責任と誇りをもてる大人に一歩一歩近づいていきたいと思っています。

合格はゴールではなくスタート。今の私をつくってくれているすべてに感謝をし、もっともっと自立した強い自分になりたいと思います。

これまで本当にありがとうございました。

私にとって、最高の受験でした。

まだまだやれます。努力を続けていきます。

ページのトップへ戻る

大垣東高校 合格
松野 有希
大野校
谷汲中学校

絶対志望校は変えたくないと思っていた。

私が中学校1・2年生の頃は、期末テストが近づいてから勉強をすることしかしていませんでした。範囲表を学校でもらい、ワークを急いでやっていました。テストがないときは、たくさん勉強をしていませんでした。3年生になり、勉強時間は増えたけれど、部活と勉強の両立が上手にできなくて、塾のテキスト、学校の宿題をやることだけで精一杯でした。中体連も終わり、夏休みに入り、予定のない日は、1日9時間以上は勉強をしようと努力しました。しかし、夏休み明けの学校の実力テストでは目指していた点数を取ることができませんでした。11月までの学校や塾のテストはなかなか点数が伸びませんでした。学校の懇談でも「大垣東高は難しい」と言われていました。しかし、絶対に志望校へ行きたいと思っていたので、冬休みは自分の時間を減らし、勉強をできるだけ多くやろうと決めました。そして、1日10時間以上の勉強をしました。冬休み明けの学校の実力テストでは目標にしていた点数を取ることができました。このとき、冬休み努力して良かったと思いました。そして、入試まで残りの日を今以上に頑張ろうと思いました。塾でもらったプリントや問題集を一生懸命取り組みました。しかし、2月に入ったときの学校の懇談では、「志望校へ行くことは難しい」と言われました。絶対に志望校を変えたくないと思っていました。だから、残り1か月、限られた時間を大切にして、できることをすべてやろうと思いました。2月の後半、高校の受験者数が発表されました。最終的には普通科・理数科を合わせて26人オーバーでした。変更期間は、大垣南高校へ変更しようと思っていました。校舎長は「変えなくても大丈夫。このまま頑張ろう。」と言ってくださいました。とても不安だった気持ちが、消えました。今までの塾のテストや問題集をやり直し、3年生になってからより勉強が楽しくなりました。

入試当日の朝、とても緊張したけれど、今まで頑張ってきたことをすべて発揮しようと思いました。夜、自己採点をしていたら今まで苦手だった理科がどの教科よりも高く、最高得点を取ることができました。努力したら、結果は出ることを受験を通して学べました。何を勉強したら良いかアドバイスしてくださったり、分かるまで丁寧に教えてくださった志門塾の多くの先生方に感謝します。ありがとうございました。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
後藤 暁拡
養老校
上石津中学校

受験とは、一人ひとりの努力が作り上げる作品。

僕は、入塾した当初も、今も、勉強することが嫌いです。しかし、それでも頑張ることができたのは志門塾の先生方、そしていつも支えてくれた家族のおかげだと思います。

昨年の3月、入塾した当初は、受験なんて簡単なものだと思っていました。しかし、受験が終わった今だから言えますが、そんな簡単なものではありませんでした。僕は、初めての岐阜模試を忘れもしません。正直、当時の僕は自分は頭が良いと思っていました。しかし、この模試で本当にできる子達と自分の間にある大きな壁の存在、そして、受験という闘いの厳しさを初めて知りました。僕にとって初めての講習であった基礎講習では、自分の学力と同等、またはそれ以上の子達と切磋琢磨しながら勉強をすることの楽しさを初めて知りました。その後にも、様々な講習、特訓を挟み、先日行われた入試で、第1志望である大垣北高校に入学することができました。

合格発表の日、何とも言えぬ緊張感とともに合格発表の会場へと向かいました。自分の受験番号を見つけると、僕はすぐに母のもとへと向かい、合格したということを伝えました。すると、僕が合格したことを伝えたのとほぼ同時に母が泣き出しました。そんな母の姿を見ていると、本当に自分のことを大切に思ってくれているのだと感じました。母とは、ささいなことが起こるたびに何度も衝突してきました。そんなけんかをよくする僕でも送迎をしてくれたことには感謝の思いでいっぱいです。父は、テストで低い点数をとってしまったときでも、優しく受けとめてくれました。まだ、会社帰りで疲れていても迎えに来てくれました。両親は、自分達よりも僕のことを優先してくれました。そんな両親に、合格という最高の恩返しをすることができたことをとてもうれしく思います。

今思い返すと、この1年間の大半の時間を勉強に費やしてきたと思います。これから先も、僕が勉強を好きになるということはおそらくないでしょう。しかし、この経験は僕の人生においてとても大切なものや、自信となったと思います。だから、高校ではこの1年間以上に勉強を頑張りたいと思います。

受験は団体戦と言いますが、僕もそのように思います。1人で頑張ることができなくても、同じ目標に向かって頑張っている仲間がいれば、自分も負けじと頑張れるようになると思います。このように、受験とは1人1人の努力が作りあげる1つの作品だと思います。だから、1人でも欠けていいというわけでなく、皆が一生懸命頑張ることが作品をより良くする、受験をよりよいものにするということにつながってくるのだと思います。

長いようで速かった1年間でしたが、その中で塾という存在は、僕にとってとても重要なものであったと思います。

正直、僕は塾に通っていなかったら高校に合格することはできなかったと思います。塾、というよりも、先生方が生徒1人1人に真摯に向き合う志門塾だったからこそ良かったのかもしれません。

激動の1年間でしたが、本当に楽しく、充実した1年間でした。卒塾という形でお別れとなりますが、本当に志門塾生で良かったと思います。

ページのトップへ戻る

大垣東高校 合格
野寺 響流
海津校
城南中学校

仲間がいるから自分が自分としていられる。

僕は合格者が掲示される所から少し離れた所で、その時を待ちました。高校へ行く道中、母に「緊張してる?」と聞かれました。「してない。」と僕は返しました。少しは緊張していたけれど、今までこれだけ頑張ってきたのだから大丈夫と自分を信じていました。だから、思った程、緊張はしていませんでした。そして午前9時。どっと歓声があがりました。「番号があった。」と喜ぶ人。泣いている人。一瞬でその場の空気が変わりました。すると一緒にいた友達が「受かった。」と言いました。僕も番号を見つけました。自分の番号があることを何度も何度も確認しました。その後母に、「どうだった。」と聞かれる前に「合格したよ。」と伝えました。母もすごく喜んでくれました。その顔を見ると言葉にできないようなうれしさに感謝の気持ちがこみあげてきました。

僕は小学4年生の頃から志門塾にお世話になりました。そのため、親にはたくさんのお金をかけてもらいました。また、送り迎えもしてもらいました。この家庭に生まれて来なければ、こんな幸せ味わえなかっただろうと思いました。長谷川先生、加藤先生には、小学生の時からずっと関わってもらいました。

そして中学生になり、色々と忙しくなりました。まだ、1年生では部活の事で精一杯で勉強は塾以外あまりしませんでした。高校の事も全然考えていませんでした。2年生になっても同じで、部活の事ばかりでした。統一テストでも、点数が悪くても、まぁいいかという感じでした。いよいよ3年生。時間はあっという間に過ぎていきます。岐阜模試というものが始まり、志望校の判定が出るようになりました。1年生の頃から一応、大垣東高校に行きたいと思っていました。だから第1回から志望校第1希望を大垣東にしました。結果、判定は「B」でした。合格圏内だから大丈夫だろう。こんな気持ちでいました。今となっては、この気持ちがどれだけ甘かったかよく分かります。第2回、第3回とどれも判定は「B」、第4回ぐらいから「A」をとりたい。そう思うようになりました。また、点数も思うように伸びませんでした。第5回、第6回でも判定は上がらず、B判定の中でも自分の位置は下がっていく一方でした。部活もとっくに終わり、勉強に打ち込み自分なりに努力しているにも関わらず、思うように成績が伸びず、とても苦しかったです。しかし僕は諦めませんでした。なぜなら、自分を応援してくれる家族、先生、友達がいることに気づいたから…。

そして岐阜模試第7回。自分の1年生からの目標である400点を取りたいと思い臨みました。自分なりに出来たと感じたが、400点には程遠い点数でした。

第7回が終わってから、塾の先生と懇談をする機会がありました。自分の気持ちが負けていたのか、ついつい懇談中に下を向いてしまいました。すると先生が「下を向いていてはダメ。」「前向いて元気出して。次があるから。」と言いました。しかし、どうしても自分はこれで本当に大丈夫かと不安な気持ちになりました。それでも先生に言われた通りになるべく元気に行こうとしました。400点を絶対取ると心に決めて臨んだプレテスト。結果を見て、僕は愕然としました。なんと第7回岐阜模試より10点くらい下の点数でした。周りの子はどんどん点数が上がっていく中でとても苦しく、つらかったです。そして先生に、「懇談した方が良い。」と言われました。もう、その時は願書を出していたので変更したくはありませんでした。でも変更せざるをえないぐらいの位置まできているかもしれないと思いました。オーバー数も出て昨年よりは少ないものの、40人程度オーバーしていてそれがまた自分を不安にさせました。しかし懇談で、先生が「実力はある。オーバー数で怖がらないで。」と言いました。それが救いとなりました。そして1つ約束を交わしました。『その日の事を理解するまでは絶対に帰らない』と。そこから1週間、ほぼ夜中の12時くらいまでかかりながらも、その日の特訓で間違えた問題を解決するまで頑張りました。その間もこんな自分のために夜おそく迎えに来てくれた親には感謝してもしきれません。

そして迎えた入試当日。小学校から塾で頑張った。お盆特訓、正月特訓、分野別、年度別問題集も頑張った。6週間にわたる海津校独自の特訓もやり切った。こんな色々なことを思いながら入試会場へ向かいました。

テストが始まった。自分に自信がついていたのか、あまり緊張することなく解くことができました。正直、国語を終えた時点で分かりました。『いけるぞ』と。社会を終えて、もう終わってしまうのかと少しさみしい気持ちになりました。

この入試を通して、受験は団体戦というのをすごく感じました。支えてくれる人がいなければこんな経験は絶対にできない。仲間がいたからこそ、自分は自分としていられることを思います。

最後に、「絶対に感謝の気持ちを忘れない。」これをすれば必ず結果はついてくる。今の生活があるのも家族、先生、友達がいるからです。自分も感謝することは大切だと学びました。この経験を無駄にしないようこれからも頑張っていきたいです。本当に僕を支えてくれた父、母、先生、友達、ありがとう。

ページのトップへ戻る

岐阜高校 合格
栗田 朋香
安八校
東安中学校

共にたたかってくれた仲間がいた。

私は受験する前まで自分のことを勉強ができる方だと思っていました。入塾したのは自分からではなく、母に強制的に入れられたからで、勉強へのやる気や熱意は全くといっていいほどありませんでした。しかし、中1、中2とそこまで努力をしなくても、安八校の中では統一テストで上位をキープできていました。私の適当ですぐに調子に乗るという性格上、自分はやらなくてもできるのかもしれない、受験も大丈夫だろうと調子に乗っていました。

そんなこんなで3年目になり第1回岐阜模試でもなかなかの点数がとれ、これなら部活が終わるまで勉強をがんばらなくてもいいだろうと感じ、自習室にも行きませんでした。そして受けた第2回の岐阜模試。私は400点をきり、今まで自信があった数学で初めて60点台を出しました。さらに追いうちをかけるように、合宿では自分より頭のいい人がたくさんいて、そこで自分はやっと気付きました。もっと努力しないと自分より頭のいい人たちには追いつけないと。そして私は初めて勉強で悔しいと思いました。まさに井の中の蛙だったことが分かり、なぜそんなに気楽でいられたのかと感じ、泣きました。この思い出は今でも少し苦い思い出ですが、この経験をしたからこそ受験に向けて勉強のスイッチをいれることができたのだと思います。夏休み後半、その悔しさを胸に毎日自習室に来て勉強しました。少しでも上位の子に追いつけるように、社会や理科の基本をもう一度見直し、数学の小問を間違えないようくり返しやりました。そして第3回の岐阜模試、私は前回より約80点ほど上がり、社会では100点をとることができました。本当にうれしくて飛び上がりそうになったのを今でも覚えています。

しかし、その後の岐阜模試の結果は悲惨でした。いい点をとったことで調子に乗り、第4回岐阜模試で悪い点数をとったのにも関わらず、全力が出せていないだけという言い訳に逃げ、勉強を怠るようになっていたからです。点数は下がり続けました。塾での態度も学校での態度も悪くなり、親に直接注意がいくこともありました。迎えた冬休み、分野別問題集が配られても私の態度は変わりませんでした。そして年末、第5回岐阜模試の結果が返却されました。結果は最悪で450点もとれていませんでした。この時とてつもない危機感と焦りを感じて泣きそうになりました。しかし、何をすればいいのか分かりませんでした。結局、自分では結論は出せないので後藤先生に聞きにいきました。先生からは「落ち着いて解いて見直しをする」というアドバイスをいただきました。このアドバイスのおかげで、私は受験までに点数を少しでも伸ばすことができたんだと思います。冬休みはおそらく今までで一番勉強しました。点数のことを考えると不安になるので、もうただひたすらに勉強しました。そして第6回岐阜模試、全体で3位をとることができました。努力が報われた気がして喜びというよりも安心の方が大きかったです。

ここで私は志望校を大垣北高校から岐阜高校に変えました。夏休み頃に一度、岐阜高校にしようかと悩みましたが、自分より頭のいい人がいる中で劣等感を感じながら高校生活を送ることを想像するとこわくて、大垣北高校を選んでいました。この時も同様で、はっきりいって志望校を大垣北から岐阜に変えることは怖かったです。しかし、後藤先生や母の後押し、自分の将来の夢ができたことなどがあり、勇気を出して変更することができました。その後の2月、3月はあっという間にすぎていきました。第7回の岐阜模試から帰る時、思うようにできなかった悔しさや上位の子に置いていかれたような絶望感から涙が止まらなかったこともありました。プレテストの目標点数を後藤先生から渡された時、自分が久しく取れていない点数が書かれていて諦めかけたこともありました。でも第3回岐阜模試が終わった後とは違い、勉強に集中することができました。それは、志望校は違ってもがんばろうと言ってくれた仲間のおかげだと思います。岐阜高校を目指していたのは安八校では自分だけで、今までずっと独りだと感じていました。がんばろうと言ってくれた時に感じた、仲間がいることの心強さや頼もしさを私は一生、忘れることはないと思います。

そして受験当日、後藤先生と石黒先生からいただいた手紙を読んでから高校に向かいました。しかし緊張や不安はおさまらず、国語を解く時自分の手なのに自分の手ではないように感じるくらい思うように手が動かず、震えていました。文章も頭に入ってこず、焦っていたとき1つの言葉が頭をよぎりました。「落ち着いて解けば朋香さんならできる」です。後藤先生が言ってくださったこの言葉を思い出したことで、平常心をとり戻し、いつも通り他の教科も解いていくことができました。受験後の自己採点も過去最高で本当にうれしかったです。合格発表の日、自己採点はよくてもやはり緊張や不安で頭がいっぱいでした。そして貼り出され、自分の番号を見つけた時、今までにないくらいうれしかったです。これまでにしてきた努力は今日この日のためにあったと感じ、うれし涙が出てきました。また、私の番号を見つけた時の父の顔を見て、努力してきてよかったと思えました。

受験が終わって感じていることは感謝しかありません。後藤先生にはよく叱られていたけど、後藤先生が叱ってくれていなかったら岐阜高校に合格することはできていなかったと思います。先生として大好きです。加藤先生や松岡先生、中村先生も質問に行くととても丁寧に教えてくださって心強かったです。志門塾の先生方、本当にありがとうございました。そして夜遅くなっても嫌な顔一つせず送迎をしてくれた両親、共に戦ってくれた塾の仲間達、いつもは照れくさくて言えないけれどありがとうございました。感謝してもしきれません。この受験で学んだことを胸に高校、大学にいっても将来の夢に向かってたゆまぬ努力を続けていきます。

ページのトップへ戻る

大垣北高校 合格
河口 彩菜
外渕校
江並中学校

自分に腹が立って、夜泣いたこともあった。

私は4月に本科生として入塾しました。通常授業や講習はすごく楽しくて、面白くて、塾に行くのが楽しみでしかたありませんでした。この頃は、友達に誘われて、大垣東高校を目指していました。1年生から平凡な成績で、行ける高校に行けばいい、ずっとそう思ってきた私が大垣北高校を受けようと思ったのは夏の高校見学でした。きれいな校舎や広い敷地、勉強や部活に一生懸命励む北高生。ここに行きたい、と親に言いました。叶いもしないことを口にしてしまいました。

私にはこの1年ずっと手本にしてきた先輩がいます。その先輩は同じ町内で仲良くしてくれていて、私の大好きな人です。2年前、先輩が北高に受かったと聞いたとき、本当に驚きました。先輩の受験体験記を読んで、衝撃を受けました。こんなに努力していたんだ、と。私も先輩のように頑張ろう、と本気スイッチが入りました。

夏期講習は1・2年生の復習ができる最後の期間です。社会の地理、歴史、理科の光や地層、いろいろな知識がどんどん頭に定着していきました。夏期講習後の第3回岐阜模試。初めて400点を超えました。私は嬉しくて嬉しくて、もっと勉強したら、北高に行けるかもしれないとわくわくしました。しかし、夏休みが終わると、学校での生活の疲れで、火曜日と金曜日の授業に参加するのがやっとでした。第4回岐阜模試ではなんとか400点台をキープできたものの、第5回では、点数が大幅に下がりました。夏は北高がB判定になったのに、またC判定に戻ってしまい、悔しくなりました。親にも、「無理だよ、東高にすれば受かるんだから、やめなさい」と何度も言われました。でも、そんな時に、私を支えてくれたのは、先輩方の受験体験記でした。合格した先輩も私のようにくじけた時があったんだ、と思うと心が軽くなりました。しかし、だからといって、勉強に集中できたわけではなく、家でのんびりしてばかりで、勉強しなければいけないと思っているのに、できない自分に腹が立って、夜1人で泣いたこともありました。

そんな私の気持ちを奮い立たせてくれたのは、11月頃に配られた「分野別問題集」でした。これは過去の先輩が実際に受けてこられた入試問題集です。国語の読解の仕方、数学の応用問題の解き方、英語の長文の読解の仕方など、この問題集から、たくさんの知識を得ました。自分の得意な分野、不得意な分野がしっかりとわかって、残りの日はどう過ごすか、見通しを持つことができました。分野問題集を年内中にやり切り、年を越しました。

そして正月。朝からフロンティアードで正月特訓。私は、証明や物理など、苦手な分野である4つの授業をとりました。正月早々、授業。始まる前は、正直少し憂鬱でした。しかし面白い授業、ハチマキをして頑張る仲間を見て、そんな気持ちはなくなりました。

冬休みが明けて、いよいよ3学期。学校でも空き時間に勉強する子が増えて、私も歴史の教科書を読んだり、塾のテキストをやったりしました。夜、塾に行くと、いつも私より先に来て自習している子がいました。集中力を切らさず、ずっと机に顔を向けて勉強している姿に私も頑張ろうと思えました。最後の2か月、私は、死ぬ気で勉強しました。

迎えた入試当日。朝から、受験票を落として事務室に行く、というハプニングがあり、焦りましたが、逆にこれで不運はなくなった、と気持ちを切り換えて、テストに集中しようと思えました。しかし、テストはとても難しく、テストが終わると、周りから、難しすぎる、という声が上がりました。私も国語からズタズタで落ち込んだけれど最後まで諦めずに頑張りました。夕方の入試速報、とてもドキドキしました。合計点数は微妙でした。不安な気持ちのまま1週間後を待ちました。とても長く感じた1週間でした。

合格発表。結果の紙がはり出されたと同時に歓声が上がりました。私は聞きたくなくて、耳をふさぎながら結果を見に行きました。「97」という数字があった時、私は驚きと嬉しさでわけがわからなくなりました。しかし、1年、一緒に頑張ってきた友達の番号はありませんでした。辛くて、辛くて、沢山泣きました。一緒に行きたかった、という思いで涙が止まりませんでした。しかし、友達のお母さんが私が合格したことを喜んでくれて、励ましてくれて、私は、これから頑張っていこう、と思えました。

最後に、今まで応援してくださった塾の先生方、お弁当を作ったり、毎日送迎したりしてくれた家族、一緒に頑張ってくれた外渕校の子たち、本当に本当にありがとうございました。外渕校で良かったです。この1年を高校生活につなげていけるように頑張ります。

ページのトップへ戻る

東濃エリア

多治見北高校 合格
伊東 花純
多治見駅前校
多治見中学校

丁寧な質問対応と集中して勉強できる自習室で一気に点数UP。

私は、中学2年生の夏に志門塾に入りました。塾に入った時期、私は点数が下がり続けており、どうしようもない状態でした。しかし、友達の紹介で入った志門塾で分からない問題を丁寧に教えてもらったり、自習室など集中して勉強できる環境を整えてもらったりしたので、点数が一気にのびました。それがすごく嬉しくて、より勉強に取り組むようになりました。

中学3年生になった4月は、受験生という自覚は全くなく、部活を必死にしていました。そんな時、自覚を持たせてくれたのは志門塾でした。週2回の授業だけでなく、様々な講習を通して、私に勉強する時間を与えてくれました。先生たちが、勉強方法を教えてくれたり、教材をくれたり、志門塾が私の道標だったように思います。

私は決して勉強が得意なわけではありません。でも、多治見北高校を目指そうと決心させてくれたのは志門塾でした。家で全然勉強できない私だけど、自習室では、時間まで集中して勉強ができました。分からない問題があっても大丈夫という安心感もありました。本当に高校に合格できて良かったです。

先生方、今まで本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

多治見北高校 合格
田中 寛生
多治見駅前校
東可児中学校

先生からの熱い喝が、僕を本気にさせてくれた。

僕は3年生になっても自分が受験生であるという実感がなく、全く勉強をせず、鬱々とした日々を送っている時期がありました。また、苦手な教科である数学では、常に低い点数を取っており、内申も低く、このままでよいのだろうかという不安の気持ちを常に抱いていました。

しかし、そんな僕の状況を見た先生が、僕に喝を入れてくださり「このままではダメだ。」と思うようになって、本気で受験勉強に取り組むようになりました。先生方は得意な教科はさらに伸ばしてくださり、苦手な教科は丁寧に精魂込めて教えてくださいました。そのおかげもあり、3年の後期になって、実力が伸びていることを自ら実感できるようになりました。

入試当日は「やれることはやってやる!」という気持ちで受けました。しかし、終わってから、合格発表までの1週間がとても怖かったです。

合格発表当日、合格者の受検番号の書かれたボードの幕が外される瞬間が怖さは最高に達していました。しかし、自分の番号を見つけた瞬間、喜びが一挙にこみ上げ、知らぬ間に叫んでいました。

合格に至るまでの道のりを、いつも熱い気持ちで支えてくださった先生方、精神的に支えてくれた両親には本当に感謝しています。ありがとうございました。

ページのトップへ戻る

多治見北高校 合格
竹内 真子
多治見駅前校
南ヶ丘中学校

学力だけでなく、自信がついたことで目標にたどり着けた。

私は、中学1年の夏に志門塾に入塾しました。前期中間テストで、思うように点数が取れなかったので、入塾しようと思いました。塾に入って変わったのは、まず勉強方法を知ったこと、そして、勉強する場所ができたことだと思います。勉強方法は、「質と量を増やす」そして、「間違えたところはやり方を覚えて何回も繰り返す」いたってシンプルな方法でした。体力がないと言われていた私は、長い時間勉強することができなかったので、テキストのやるべきところを表にして、重複してやらないようにしました。そして、間違えたところを1つのノートにまとめるようにしていました。それから、勉強する場所ができたということも大きな変化でした。自習室といういつでも利用できる静かな場所ができたというのもありますが、分からないところをいつでも質問できる状況が私にとってはとても心強かったです。分からないところだけでなく、心配事の相談や雑談をして、もやもやしているものを吐き出したい時に聞いてくださった塾の先生には本当に感謝しています。相談できたり、吐き出せたりすると、不思議と勉強する気が起きてくるもので、勉強に集中することができました。

3年生になり受験生になった私は、とても不安でした。「行きたい高校に行けるのか?」「そのための勉強に私はついていけるのか?」この不安はすぐに解消しました。課題として出されたことをきちんきちんとやっていけば、力がついていくのが分かったからです。冬に課題として出された分野別問題集は辛かったです。「1か月ほどでこの分厚さか。」と到底やり切れる気はしませんでした。でも、どうにかこうにかやり切ると、自信がつきました。

どうやら私の緊張のピークは中学3年の4月においてきてしまったらしく、入試本番の日は全く緊張していませんでした。受験会場に行く途中に塾の先生たちに会って初めて、「ああ、今日受験なんだ。」と思ったくらいです。

いつものシャープペンシル、いつもの消しゴム、実感がわかないまま、5時間のテストを受けていました。その時に思ったのは、塾に行っていなかったら、こんなにふわふわとした気持ちで受験していなかっただろう。きっと、自信なく、空気に負けてしまっただろうと思います。私がこの塾に入って一番よかったことは、自信がついたことだと思います。学力がついても自信がなかったら目標にたどり着けていなかったから。

最後に、村瀬先生、2年半本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

多治見北高校 合格
坂井 泰智
多治見駅前校
南ヶ丘中学校

たくさんの人の支えで『挫折』を乗り越え合格。

中学1年生の夏期講習から、多治見北高校に行くために志門塾に通い始めた。多治見北高校は僕が小学1年生の頃から行きたいと思っていた高校だ。しかし僕が志望校に合格するまでには多くの「挫折」があった。中でも一番の出来事は、3年生の夏期講習が行われる前にあった岐阜模試だ。ここだけの話、数学の点数がやばかったのだ(今だから笑えるが、その時は大問題だった)。合格判定は「C」判定、数学の偏差値は見たことのないような最悪の数字だった。この時ばかりはあせった。

そんな時、志門塾多治見駅前校の村瀬先生は、僕のできない分野を細かく分析し、今後どのように学習していくか詳しく提言してくださった。その後も多くの先生による様々なサポートのお陰で、多治見北高校に合格するだけでなく、苦手教科だった数学も本番の入試でかなり高得点を取ることができた。

「受験勉強は個人戦だ」とよく言われる。戦うのは一人だけだ。しかし、戦う「一人」を支えてくださる人は数えきれない程いる。その人たちの期待を背負い、励ましをもらい、サポートしてもらって、受験をした。是非今後受験をする人達はたくさんの人の支えがあって、今の良い環境があることを忘れずに受験勉強をして欲しい。

最後に的確な分析で僕を「合格」へと導いてくださった村瀬先生、本番に近い採点をしてくださり入試に「慣れる」サポートをしてくださった武市先生、土井先生、いつも親身になって相談事を聞いてくださった河合先生、服部先生、そして多くのサポートをしてくれた家族に感謝をして、合格体験記をしめたいと思う。

ページのトップへ戻る

多治見高校 合格
横山 隼大
京町校
南ヶ丘中学校

志門塾は悔いのない勉強ができる最高の環境。

僕は、高校入試を楽しんで取り組むことに成功した。最初は、勉強なんて嫌だった。というか、勉強なんて訳の分からない謎のものだった。そんな時、僕は志門塾に出会った。それは、中学1年生の春だった。友達と塾に入ったものの、僕は人見知りということもあり、最初は恥ずかしくて、勉強どころか、勉強をする環境が不安だった。最初入った時の僕の気持ちは、「なんじゃ?ここ?めっちゃきれいだな!先生怒ると怖そう…。恥ずかしい。さっさと辞めたいな!」であった。

しかし、何回か講習を重ねていくうちに僕は気づいた。塾の先生達は、本気で僕に勉強を教えてくれている。なのに、僕は本気ではない。こんなんじゃだめだと思い、僕は本気で、一生懸命自分のやれることはやりきろうと考え始めた。そこでやってきたのが、中学1年生の前期中間テスト。これは、中学校で一番最初の定期テストだった。だから、僕はこのテストの大切さなど全然知らなかった。塾で目標点数を書く時、僕は500点と書いた。正直、自信があった。こんなん余裕だろうって思った。小学校の頃は簡単なテストだったし、100点も何回か取った。しかし…。現実は違った…。僕は、なんと388点しか取れなかったのだ!全然500点なんて夢のまた夢…。だから、僕は決めた。自分に負けないことを。自分には弱いところがいっぱいある。だから、その弱さに絶対勝つ。そのために、僕は塾に行き続ける。中学1年生の夏休み、僕は勉強というものに、真剣に向かい合った。中間テストで現実を見た分、期末テストではその経験を生かして、ワークなどをとことんやった。すると、中間テストよりはるかに点数が上がった。450点を取ったのだ。正直、信じられなかった。こんな自分でも良い点数が取れること、自分はやればできるということを知った。それから僕は、テストで良い点を取ることが楽しくなった。自分がやればやるほど良い点数が取れる。こんなにも勉強は楽しいものであることを、志門塾を通して自分で見つけた。この、勉強をやり良い点数が取れる楽しさを知れば、必ず点数は伸びると僕は信じている。だからこそ、苦手教科、分からない所には、とことん正面から向き合った。特に社会では、歴史の流れを理解するために、先生に何度も聞いた。地理でも公民でも、何か分からなかったら、先生に真っ先に聞きに行った。分からない所は分からないと正直に先生に言い、それを理解しようと思うことが大事だと思う。だから、周りに何と言われようと、バカにされようと、これは自分の勉強。その勉強を最後まで突き通すことができれば、悔いのない勉強ができると思う。

僕は負けず嫌いだ。たとえ自分が良い点数を取っても、周りには自分より良い点数を取っているやつがいる。自分より努力をしているやつがいる。そう思うと負けられない。自分にとっては、精一杯やっているかもしれない。でも、自分がそう思っても、他の人がもっと頑張っているのなら、自分はまだまだだ。僕は、いつもそう自分に言い聞かせている。受験が迫ってきたら、僕は学校から直接塾に来る。それも一人で。とても寂しいし、みんなと帰りたい。でも、絶対に誰にも負けたくないのでそんな思いなど吹き飛んだ。僕は家にいると全く勉強ができない。携帯やテレビを見てしまう。でも塾にいると、なぜかやる気が出てくる。おそらく、家にいる時の僕は、自分に負けているのだ。それなら負けないようにすれば良い。つまり、塾に行くのだ。塾には自分の携帯やテレビもない。だから、自分の逃げる場所がないのだ。自分がやることは勉強だけなのだ。僕は、勉強ができる最高の環境を見つけてしまったのだ。この環境というものは、本当に大事だと思う。勉強ができる最高の環境を見つけた人は、きっと勉強が上手くいくと思う。志門塾は、いろんな子がいて、とても楽しい場所だった。いろんな子がいる分、負けたくないという思いから、本当に勉強を集中してやることができた。そして、勉強を集中してやることができるので、テストの点数も良くなった。

勉強って楽しいし、おもしろい。自分が分かれば嬉しいし、分からないと悔しい。それでも、そういう所がやっぱり良い。それが勉強の魅力だ。勉強とは、自分のためにやるもの。自分が生きていくためにやるもの。だから、勉強は自分にとってやるべきものである。勉強が嫌だな、やりたくないな、つまんないな、と思う人もいると思う。でも、本当に正面から一つ一つを丁寧に追っていき、問題を解き、その問題が解けた時の嬉しさ、楽しさを知るべきだと思う。逃げずにやるべきものだと思う。僕は、勉強の楽しさを知った。だから、最後まであきらめず、毎日自習室に行って必死に勉強できた。志門塾に出会えて、本当に良かった。

僕は受験において不安は全くなかった。なぜなら、自信しかなかったからだ。こんなにも自分はやった。ファイルが破裂しそうなぐらい、先生からプリントをもらって問題をたくさん解いた。誰よりも長く自習室にいた。これが、僕の自信になったのだ。これだけやって落ちてしまったのなら、仕方ないと思った。また、受験において大事なことは、本気になることだと思う。受験だから、本気になるのは当たり前だ。本気になれば、休み時間の過ごし方、自習時間、必死さなどが変わってくる。そして、本気になればなるほど、点数も上がると思う。また、先生に質問する時に僕は、自分が分かるまで、納得するまで聞いた。僕は、これをして本当に良かったと思っている。自分が納得するまで聞けば、自分の言葉でその質問内容を説明できる。完璧に分かるまで聞けば、テストでも絶対に忘れない。

勉強は、最初のほうは知識を蓄積するなど、大変な部分が多かった。それでも、その覚えたことが問題に出てきて、分かった時の嬉しさと楽しさ、感動があった。この気持ちを忘れないで、これからの勉強も頑張っていこうと思う。

ページのトップへ戻る

多治見高校 合格
梶田 純矢
京町校
多治見中学校

自分から勉強できる環境を整えることが大切。

私は、3年生の夏期講習から志門塾に行くことになりました。初めて塾に行くことになり、私はすごく緊張していました。でも、そんな緊張はいりませんでした。先生も生徒の人たちも優しくておもしろい人ばかりで、すぐに志門塾が好きになりました。授業もすごくわかりやすく丁寧で、私は夏期講習までの予定でしたが、母に頼んで通常授業も入れてもらいました。これまでなかった塾の時間が入ることで初めは生活リズムが乱れていきました。しかし、学校の仲間や塾の仲間を見たとき、私はこのままではいけないと思いました。そこで私は塾の自習室に行く時間を増やしました。正月には、正月特訓に参加して、自分に自信をつけることができました。学校でも先生に「勉強最近がんばっとるな。」とほめられたりもしました。それだけでも私の受験に向けての気持ちは違ってきました。自分の気持ちを高めていくと、点数もついてくると思います。私は3年生の一番最初の実力テストから最後の実力テストまでに、100点以上のばすことができました。これは、志門塾の授業や過去の問題、先生たちとの関わりの中で得たものがテストの結果に出たからだと思います。

私は、自分の行きたかった高校に合格することができました。夏期講習でここに来ていなかったら、私は自分から勉強に向かうことができず中途半端な気持ちで受験をしていたと思います。後悔しないためにも、自分から勉強できる環境を整えないといけないと思います。自分をここまで導いてくれた志門塾に感謝です。

ページのトップへ戻る

多治見北高校 合格
丸井 絢捺
小泉校
小泉中学校

あきらめずに頑張ることができたのは、塾で受けた刺激のおかげ。

私は周りの子たちが受験に向けて夏期講習に参加していくのを見て、このままではいけないと思い、夏期講習から志門塾に入塾しました。入塾したばかりのころは、高校に入っても勉強についていけるかが心配で、多治見北高校に行こうと決めることができずにいました。しかし、正月特訓や直前講習を通して、他の校舎の人たちと一緒に勉強していくうちに、色々な刺激を受け、多治見北高校に行こうと決めることができました。

土曜日や日曜日は朝から夜まで勉強をして、疲れてしまうこともあったけど、あきらめずに勉強を続けて、合格することができたので良かったです。今までこんなにたくさん勉強する機会がなく、初めは本当に自分ができるのか心配だったけど、やり遂げることができたので、高校生になってもこのことを思い出して頑張っていきたいです。志門塾に入塾したことで、周りの人たちから色々な刺激を受け、自分で新しく目標を決めてあきらめずに頑張ることができました。自分の将来の夢を叶えるためにも、これからも勉強を頑張って続けていきたいです。

ページのトップへ戻る

多治見北高校 合格
柴田 明花
小泉校
小泉中学校

この受験で学んだのは、コツコツ頑張ることの大切さ。

私が中2の時から、学校の先生たちは進路について生徒に色々と話していた。しかし、私はそれほど真剣にその話を聞いていなかった。まだ中2だから考えなくても大丈夫だろうと思っていた。だから、中3になった時、自分の進路について何も決めていないことに気付き、焦った。周りのみんなはどこの高校に行きたい、とか、将来何になりたい、とかが決まっていた。なのに私は何一つとして決めることが出来ていなかった。もっとちゃんと考えておけばよかったと思った。しかし、その一方で、まだ中3の初めだから、長い夏休みもあるし大丈夫だろうと思っていた。

そして夏休みが来た。私は塾になんて今まで一度も行ったことがなかったが、母のすすめで行くことになった。そして夏休みのほとんどの時間を塾で過ごすことになった。塾に行くと、高校の話を今までよりも多く聞くことになり、自分に合った高校がどこなのかがはっきりとしてきた。また、高校見学に行ったことで、より強くその高校に行きたいと思うようになった。夏休みは今までにないくらいの勉強をした。でも、あまり辛くはなかった。目標を決めると、これほどやる気に差が出るものだと知ることが出来た。今までで一番充実した夏休みだったと思う。

夏休みが終わったあとも努力を続けた。気を抜かないように気を付けた。お正月でさえも頑張った。そのためか、心配性の私が全く心配をしなくなった。

しかし、入試直前にインフルエンザにかかってしまい、最後の勉強が出来なかった。入試の前、自分は全然勉強ができていない、絶対落ちるだろうと思っていた。また、入試中ずっと気持ちが悪くて集中して出来なかった。だから、諦めの気持ちで結果を見に行った。みんなには明るく振舞っていたが、正直結果を見るのがすごく怖かったし、心配もしていた。しかし、自分の受検番号をちゃんと見つけることが出来た。とてもホっとした。今まで頑張ってきて良かったと思えた。

この受験で私は、コツコツ頑張ることの大切さを学んだ。私はまだ将来の夢が決まっていないが、目の前のことをひとつひとつ丁寧にコツコツ取り組んでいこうと思った。また、周りの人への感謝も忘れずにしていきたい。

ページのトップへ戻る

滋賀エリア

彦根東高校 合格
森 陽菜乃
近江校
大東中学校

「合格は夢の実現への通過点。」

私が志門塾に入塾したのは、中学3年生になったばかりの4月でした。幸い、学校の授業には、ある程度ついていけたのですが、周りの友達が次々と塾に行くと聞いて、焦りを感じました。私は自ら母に「この塾に行きたい!」と言い出し、この志門塾近江校に通うことになりました。

しかし、いざ通って講義を受けるのは思った以上に辛かったです。校舎に同じ学校の人がほとんどおらず、自分自身もあまりうまく話すことができないため、自ら塾に行きたいと言い出したのに、塾に行く日はとても憂鬱な気持ちがありました。自習室に行くこともなく、講義だけ受け、家に帰るという日が続きました。

その生活が夏休みに入ってから少しずつ変わり始めました。母に勉強時間が足りないと言われ、少しずつ自習室に通うようになりました。夏期講習が終わった後の数時間だけでしたが、自習室の静かな空間で勉強することで集中でき、課題がとてもはかどるのを実感しました。それ以上に、一人で黙々と勉強することが意外と面白いと感じたことに大きな驚きがありました。

そして夏休みが終わる頃には、自分の志望校が明確になりました。彦根東高校を志望校とすることに、両親は多少驚いていたものの、反対することもなく、応援してくれました。母はよく厳しい言葉を言いましたが、どんなに忙しくても私を塾に送り迎えしてくれました。父も仕事帰りに直接迎えに来てくれたり、そんな両親にとても感謝しています。妹や弟がいるにも関わらず、受験生である私を優先し、気遣ってくれたことに、「何としてでも彦根東高校に合格したい!」という気持ちが膨らみました。

行事が多かった2学期が終わり、冬休み、3学期を迎えていく中で、心境が目まぐるしく変化していきました。模試の結果にあまり納得できなくて。周囲から何かと期待されることでプレッシャーを感じて。感情の浮き沈みが激しく、家族に八つ当たりすることも多くなってしまいました。そんな中で、塾の先生方に不安をポロッとこぼすと、先生方は自信を持って「大丈夫だ」と言ってくださいました。学校で言われた「大丈夫」に加えて、塾の先生方からも「大丈夫」と言われて、自分自身でも本当に大丈夫だと感じるようになりました。

そして2月7日の特色選抜入試。結果は不合格でした。ですが、あまりショックは感じませんでした。ある程度予想はしていたし、むしろラッキーだと思いました。自分の性格上、合格してしまえば勉強がきっとおろそかになるはずです。その点で、まだ受験勉強をする必要があるということは、私にとってありがたく感じました。

それから1か月。あまり長い時間ではありませんでした。一般入試当日の前日くらいに先生方からいただいた「焦らず、いつも通り」の言葉通り、落ち着いて試験に臨むことができました。昼食のふりかけに書かれていた両親のサプライズメッセージに感動したり、デザート代わりのキットカットに書かれていた父からの「平常心」の3文字にツッコミを入れて笑ったりと、和やかな空間での入試となりました。

一週間たって合格発表当日。結果が掲示される7時よりもはるかに早い時間に高校に到着し、一番乗りで正門で父と待っていました。もちろんドキドキはしていましたが、不安はありませんでした。掲示板に自分の番号があったとき、思わず声をあげ、父と手を握り合いました。家で待機している母に真っ先に連絡し、家族全員で喜びを分かち合いました。

最後に、無事に志望校に合格しましたが、一生懸命努力したとは言い難いです。手を抜くこともありましたし、サボりたいと思う日もありました。それでも、先生方が言われた「合格は通過点」という言葉を胸に、未来を見据えて高校へと進んでいきたいです。

ページのトップへ戻る

彦根東高校 合格
大音 拓望
高月校
高月中学校

「努力を積み重ねて手にした合格。」

僕が志門塾に入塾したのは、中学校1年生の春でした。その当時は、中学校の勉強に対する不安がとても大きかったです。中学校の勉強についていけるだろうか、本当に大丈夫なんだろうか、といった不安ばかりでした。けれど、春期講習を終えた後は、自信も生まれました。そして、中学校の入学お祝いテストでは、学年1位の点数をとることができ、最高のかたちで中学校のスタートをきることができました。

志門塾の通常授業は、しっかりと予習、復習をするので、学校の授業をより理解することができました。また、学校よりも質問がしやすい環境なので、自分の苦手な部分をなくしていくことができました。塾でいっしょに友達と授業を受けるのは、とても楽しかったです。自分とは違う中学校の人とも友達になることができました。

定期テストがある時は、いつもテスト2週間前くらいから、テスト勉強をがんばっていました。でも、家で1人で勉強をしていると、いつのまにか寝ていたり、テレビを見てしまったりして、どうしても集中できないことがありました。その時は自習室に行って、集中して勉強できるようにしていました。自習室は勉強するには、本当に良い環境で、勉強がはかどりました。また、テスト対策プリントは、テスト勉強をする上で一番役に立ちました。けれど、40枚近くあるプリントを全て終わらせるのは、かなりつらかったです。終わった時の達成感はつらかった分とても大きかったです。そして、プリントをやり終えた時は、達成感だけでなく、しっかりと実力もついていました。おかげで定期テストでも、自分の目標点をとることができました。

特別合宿や正月特訓もとても印象に残っています。特に特別合宿では、授業だけでなく、他の校舎の仲間にとても刺激を受けました。みんなは僕が解けない問題もスラスラ解いていて、自分もがんばってついていかなければならない、と強く思いました。同じ志望校を目指す仲間と僕では、勉強に取り組む姿勢も大きく違っていました。僕は、問題を解き終わった後に時間がある時などは、休憩をしていました。でも、周りのみんなは、どんな少しの空き時間でも自分のワークを開いて、勉強をしていました。この姿を見て、自分ももっと勉強の効率を良くして、短時間でより多くのことができると思いました。合宿の4日間は、本当に内容の濃いものになり、とても良い経験をすることができました。

そして、2月になり、特色選抜の日を迎えました。当日はとても緊張していましたが、試験を受ける時にはかなりほぐれていました。自信がある訳ではなかったけど、今までがんばってきたので、合格していることを願っていました。しかし、結果は不合格でした。本当に悔しかったです、今までの努力は何だったんだろうと思いました。それでも、一般入試は同じ彦根東高校を受験すると決めました。本当につらかったけれど、落ちこんでいてもどうしようもないし、一般入試で絶対合格してやる、と思いました。そして、1か月後の一般入試当日、僕はあまり緊張していませんでした。そのおかげもあって、問題はかなり解けたし、自信もありました。結果は合格でした。とてもうれしくて、やっと今までの努力が報われたと思いました。同時に今まで支えてくれた人達への感謝の気持ちがこみ上げてきました。共に勉強してきた友達やいつもたくさんサポートしてくれた家族、学校の先生や塾の先生など、自分は今まで数えきれないほどの人に支えてきてもらったなと思いました。その人達にしっかりありがとうと伝えたいです。

高校入試で志望校に合格できて良かったですが、これがゴールではありません。スタートです。高校では、中学以上にもっとがんばって、更に充実した3年間にしたいと思います。

ページのトップへ戻る

虎姫高校 合格
池田 東弥
近江校
双葉中学校

「支えてくれた多くの人に気付けた受験。」

少し前の私は、受験勉強は一人でするものだと思っていた。塾などにも通っていなかった私は、いつも一人きりで勉強をしていた。学校でとったノートの板書をひたすら写したり、ワークをがむしゃらに解き続けたり。そんな勉強は全然面白くなかったし、元来、気分屋であった私は集中力が長くは続かず、すぐにゲームをしたりマンガを読んだりしてしまっていた。

そんな考えが変わり始めたのは3年生になってから。部活も終わって、さすがに勉強に集中しなければと入った志門塾。そこでまず驚いたのが、みんなの勉強への取り組みだった。毎日自習室で何時間も勉強していたり、分からない問題は、先生に尋ねて一緒に考えていたり、一人で家で取り組んでいたときには想像できない世界だった。また、授業などで自分が分からなかった問題を他の人が簡単に解いていたときは、とにかく悔しくて、負けず嫌いな私に火をつけてくれた。この子には負けたくないという気持ちを持つことで、勉強への取り組みも大きく変わったと思う。

入試が近づくにつれて、みんなと情報交換を行うようになった。各高校についての情報や、問題の解き方のコツなどをみんなで伝え合った。みんなで受かりたいという気持ちがとても大きくなっていった。

夏の合宿や正月の特訓で、初めて自分の住んでいる市以外の人たちと勉強したとき、これだけの人が受験に本気で取り組んでいるということを知った。さらに他の塾の人や塾に通わずにいる人を考えると、自分が思っていた以上の人たちと自分は戦うことになるんだということがひしひしと伝わってきた。

同じ中学3年生だけでなく、この1年間は多くの人たちとの出会いがあり、支えがあった。親身になって受験に対する悩みを聞いてくださった先生たち。決して安くはない月謝を何も言わずに払ってくれたり、送迎をしてくれた両親。自分の将来の夢を聞いて応援してくれた祖母。落ちるなよと笑いながらも、ずっと応援し続けてくれた部活の後輩など、今まで気付かなかった自分をここまで支え続けてくれていた存在に気付くことができた。

受験一週間前になると、緊張が一気に押し寄せてきた。公民が克服しきれていなかったり、数学に自信がなくなっていったり、モチベーションを上げないといけない時期なのに、そんなことばかりしか考えられなくなっていった。そんな時、母は私に「受験に落ちたら、しょうちせんで。」とだけ言い放った。何を言っているんだこの人は、と私は最初思ったが、だんだんムカムカしてきて、絶対に落ちてたまるかという気持ちで勉強に取り組めた。おそらく、負けず嫌いな私の性格を分かったうえでの言葉だったのだろうと今は思う。そして、入試当日は、母に頼んで作ってもらったカレーを食べて挑んだ。不思議と頭がさえ、緊張もしていなかった。

私が今、手に入れた「合格」は、自分だけでは絶対に手に入れることができなかったと強く思う。多くの人たちに支えられることで手に入れられたものだ。私は、その人たちへの感謝を忘れず、これからもがんばっていきたい。

ページのトップへ戻る

彦根東高校 合格
松村 優大
長浜校
長浜北中学校

「両親に支えられながらの入試。」

僕の入塾のきっかけは、「そろそろ塾に入った方が良いかな」という単純なものでした。そのときは、志望校は特に決まっておらず、受験勉強はまったくしていませんでした。しかし、夏休みに入ると、周囲の人々も少しずつ受験勉強をやり始めるようになり、僕もそれに合わせて、初めて「受験勉強」をするようになりました。受験勉強は、定期テストの勉強とは違って、範囲が中学校3年分でどのように勉強すれば良いのかが、わかりませんでした。だから、ただがむしゃらに夏休み中に自習100時間を目標に勉強しました。そして、夏休みが終わり、学校で実力テストがありました。結果は、それまでとはあまり変わらず、300点台の後半でした。学年の順位も12位と、少し落ち込みました。しかし、2回目の実力テストで、450点を超えて、学年2位でした。そのときは、自分の努力が実った気がしてとてもうれしかったのを良く覚えています。そして2学期の期末テストと、2学期最後の実力テストで学年1位をとることができました。この前までは、まだ志望校を米原高校の理数科か、彦根東高校で迷っていました。しかし、この2つのテストの結果で志望校を彦根東高校に決定しました。それからは、ほぼ毎日、休まずに勉強し続け、特色選抜で合格できたときは、本当にうれしかったです。この受験のときの勉強ペースをさらに加速させて、高校でも勉強を続け、志望する大学へ入学できるようにがんばりたいです。

僕が、この受験勉強において、良くがんばったと思えることの1つ目が、夏の特別合宿です。3泊4日で合宿中は、1度も屋外に出ず、ひたすら勉強をしていました。トライアルという順位があるテストを毎回受け、朝から晩まで勉強というのは今までになく、とてもつらかったけど、この合宿を乗り越えたことは大きな自信にもなりました。

2つ目は正月特訓です。1月の1・2・3日と毎日、朝から夕方まで近江高校で勉強というのは、つらかったけれど、自信にもなり、他の人が勉強していないときに勉強しているという優越感にひたることもできました。このような体験を通して、大きな自信をもって試験に挑むことができたし、これからも「あのときにあれだけがんばれたのだから、今もがんばれる」と大きな自信となってくれると思います。

僕は、受験勉強中に親と関わるということが少なく、志望校も「どこでも良いよ」と言われており、相談もすることがなかったので、12月の三者懇談のときに、志望校も初めて話しました。このようなことが少し寂しいと思ったこともありました。しかし、今になって考えてみると、信頼してくれていたから、何も言ってこなかったのだなと思えます。何も言ってこなかったから、こちらも何も気負うことがなかったのだなと思います。また、3年生の、特に2学期になってからは、帰りが遅く、夜遅い時間に帰ってきても、ごはんを作ってくれたり、お風呂を入れてくれたりして、たくさんの迷惑をかけたと思うので、とても感謝しています。来年からは、弟が中学生になって、さらに大変になると思うので、少しでもかかる負担を減らしてあげられるようにしたいです。

僕は中学校3年間で多くの人に出会い、人に恵まれていたと思います。特に、3年生になってからは、より多くの人と出会いました。高校に行っても、大学に行っても、社会に出ても、多くの場所で、多くの人に出会うと思うけれど、そういう人々との出会いというものを大切にしていきたいと思います。

最後に、後輩へのメッセージがあります。3年の途中から受験勉強を始めて、内申点を上げようとする努力を怠った僕からの反省の意を込めたメッセージです。来年度、受験生の人たちは、まずどんなことからでも勉強をしましょう。来年度2年生の人たちは、内申点など、どうでもいいと思わずにしっかり副教科の勉強もがんばりましょう。自分も、高校でがんばるので、みなさんもがんばって下さい。

ページのトップへ戻る

米原高校 合格
野口 凜
長浜校
長浜南中学校

「不合格になるかもしれない不安との闘い。」

私が、「受験」というものに初めて向かいあうことができたのは夏休みに行われた特別合宿でした。特別合宿に行く前は、長浜校で参加する女子が1人だったり、知っている人がいなかったため、とても不安でした。合宿に参加すると、友達もでき、今まで体験したことのないくらい長い時間勉強することができました。今では、特別合宿はとても辛いものだったけれど貴重な体験だったなと思います。

体育大会や合唱コンクールなどが終わると、学校の雰囲気も少し変わり、学校の先生が進路について話されることも多くなりました。学校の先生との2人での話し合いや、親も一緒の三者懇談での話し合いはとても辛かったです。自分の志望している高校を変えた方がいいと言われたときは、すごく落ち込みました。その時に学校のテストの点数が悪かったり、V模試の点数などが下がっていると、本気で志望校を変えようかなと思いました。しかし、今までがんばってきたテストや塾での授業、特別合宿、正月特訓などを振り返ると、「今までがんばってきたことが、志望校を変えると無くなったり、受験勉強をしなくなってしまう。」と思ったため、担任の先生に「受からないかもしれない」と言われても、私は志望校を変更しませんでした。不安や怖さはあったけれど、志望校を変更して後悔することの方が嫌でした。今、受かるかわからないと言われていた米原高校に合格し、志望校を変更しなくて本当によかったなと思っています。

両親や木村先生、薮崎先生には本当に感謝しています。志望校に受かるかわからない状況でも、変更しなくていいと言ってくれたことや、受験前でもいつも通り接してくれたことなど、この1年間の間で両親や木村先生、薮崎先生には本当にお世話になりました。米原高校に受かって家族や木村先生、薮崎先生が喜んでくれて本当にうれしかったです。

私は、受験生となる後輩の人たちに、志望校は変更してほしくありません。受験に落ちてしまうかもしれないのに志望校を変えないことに、勇気は必要かもしれませんが、志望校ではない高校に進学した時に必ず悔いが残ると思います。中学3年生の1年間は中学校生活の中で一番早く過ぎて、楽しいことや辛いことが多い1年だと思います。受験の勉強をがんばるだけでなく、中学校生活もたくさん楽しんでください。

高校生になるという実感は少しも湧きませんが、高校の勉強についていけるようにがんばりたいです。高校の勉強は、とても難しくなり、出来なくて落ちこむことも増えていくと思うけれど、1つ1つ出来るようにし、解決していきたいです。もう1つは、時間の使い方です。私は、時間を効率よく使い、高校生活を楽しみ、勉強をがんばりたいです。

私は、1年間志門塾に通い、辛いこともあったけれど志門塾に来て本当によかったなと思います。木村先生、薮崎先生、本当にありがとうございました。

ページのトップへ戻る

守山高校 合格
茂森 元気
彦根校
彦根東中学校

「支えてくれた人への感謝。」

私は、中学3年生になってからこの志門塾に入りました。以前から季節講習で何度も志門塾に通っていたので、塾の先生方や友達とは、すぐに親しくなることができました。特に村山先生とは、昔塾に入っていた私の兄の話題や、昔ながらのゲームなどの話題で、とても親しくなることができました。

また、この志門塾に入ってからは、定期テストの点数も一気に上がり、今まで超えたことのなかった450点の壁を超えられるようになりました。志門塾の先生方もこのことをほめて下さり、次の定期テストへのモチベーションにつながりました。そのおかげもあって、1学期と2学期の定期テストは、全て460点を超えることができました。

6月から7月にかけての志門塾のテストでは、志望校判定でA判定をもらいました。このことを村山先生はとても嬉しそうな顔でほめて下さいました。また、その時に村山先生と一緒に「特色選抜の合格を目指してこれからをがんばる」ことを約束しました。そして、夏休みに入り、部活を引退した後、その約束を果たすためにほぼ毎日塾に通い続けました。正直辛かったけれど、目標達成のためだと思い、ひたすら勉強しました。

ところが、お盆前、村山先生が急な病気で校舎を離れることになってしまいました。今まで支えてくださった人がいなくなるのはとても寂しいことでした。しかし、村山先生の穴を必死に埋めようと頑張っている先生方を見ていると、落ち込んで何もしない自分がばからしく感じ、また頑張り始めました。

夏休みが明け、体育大会が終わった後、目標実現に向けて、私はほぼ毎日自習をするようになりました。この日々もやはり辛かったですが、なんとか頑張ることができました。今振り返ってみると、あの日々は、周りの人たちの支えがあったからこそ頑張れたのだと思います。

1月1日から始まった正月特訓では、他の校舎の先生方や塾生達と授業を受けました。この正月特訓のおかげで、V模試では過去最高点をとることができ、村山先生の喜んだ顔も見ることができました。

そうして過ぎた1月の後、すぐに特色選抜の日がやってきました。この試験の前に、私は様々な言葉をもらいました。その言葉の1つ1つが私を勇気づけてくれました。私は結果、守山高校に受かることができたけれど、それは多くの人があってできたことだと思います。

私は、入試に合格するために必要なことは3つあると思います。1つは実力。これは入試の日までにどれだけ努力できるかが大きく関係してくると思います。2つ目は健康です。鈴木先生もおっしゃっていたように、体調をくずしては何にもならないと思います。3つ目は、周囲の人々からの支えと、それに対する感謝です。これが最も大事だと思います。日々の授業や勉強は、自分1人ではできないものばかりでした。しかし、先生方や仲間達家族の支えがあって、はじめてできるようになります。

これからの高校生活も、周囲の人たちや健康に気を配りながら頑張っていこうと思いました。

ページのトップへ戻る

長浜北星高校 合格
田中 暖人
長浜校
長浜北中学校

「本当に行きたい高校に向けて突き進む。」

私が志門塾に入塾したのは、小学6年生の頃でした。その頃はまだ進路の事などは一切考えておらず、友達が入っているから自分も行ってみようという軽い気持ちでの入塾であったと覚えています。志門塾は私にとって初めての塾だったという事もあり、最初はどうすればいいのかよくわかりませんでしたが、わからない事は先生達が教えてくれて、少しずつこの塾の雰囲気になじんでいく事ができました。

小学校の時はまだ勉強をしているという認識が無く、軽い気持ちで授業を受けていましたが、中学生になるとその認識も変わっていきました。中学校には内申という物があります。小学校では成績と呼んでいた物ですが、この2つは大きく異なるという事を中学に入ってからは強く感じるようになりました。小学校での成績は三角、丸、二重丸の3段階で評価される簡単な物で、悪かったからといって中学校に行けないという事も無く、それほど大きな物ではありませんでした。しかし中学の内申は1から5までの数字で評価され、その結果が自分の進路に深く関わるという物で、中学生にとってはとても大きな物であると感じました。私の中学校生活の3年間にも、いかに内申を取るかという課題が常に頭の中にありました。その内申に大きく関わってくるのが定期テストです。学期ごとに中間テスト・期末テストと2回のテストがあり、それに向けてテスト勉強をする必要がありました。それにあたって志門塾のテスト対策はとても役に立ちました。テスト対策は定期テストのだいたい1か月前から始まります。授業での確認テストや理科、社会の基本事項テストを用いて、定期テストを万全の状態で受けられるようなプログラムが組まれており、3年間全ての定期テストでそれなりの点数を取る事ができました。もちろんテスト対策は楽では無かったし、しんどい、辛いと感じた事が何度もありましたが、今では受けて良かったと感じているし、後悔はしていません。

中学に入ったばかりの時はとにかく目の前のテストで良い点数を取る事しか考えていませんでしたが、中学2年生・3年生になってくると進路について考える必要が出てきます。進路について考えるとなると内申点がどのくらいあるのかが重要になってきます。テストでの点数もそうですが、授業態度、生活態度にも気をつけるようになりました。テストの点数はあまり変わりませんでしたが、授業での積極的な発表などを意識する事で、内申は上がって進路選択の幅も広がりました。私は最初、なんとなく普通科の進学校に入学して大学進学をするのだと考えていましたが、自分に向き合い、進路について考えた結果、その考えは変わりました。総合学科の長浜北星高校に入学し専門的な技術や知識を学んで、卒業後は就職しようと考えたのです。大学進学を目指す人が多い中での選択でしたが、志門塾の先生はその決断を後押ししてくれました。私の内申ならもう少し上のレベルの高校に入れない事もありませんでしたが、それでも北星高校を選んだのは、本当に行きたいと思ったからです。私は行ける高校イコール行きたい高校では無いと思っています。自分の実力は関係無く、本当に行きたい高校を見つけて、目指す事が一番大切なのだと受験を終えて感じました。

この3年間、志門の先生には本当にお世話になりました。塾に行くのがしんどいと思った事もあったけれど、今は志門塾を続けて本当に良かったと感じています。高校に入学する事が人生のゴールでは無いので、これからもこの3年間の経験を生かして、自分の将来のために努力を重ねていこうと思います。

ページのトップへ戻る

八幡高校 合格
加藤 遼一
彦根校
彦根東中学校

「あきらめず努力する大切さ。」

僕は、1年生の冬から志門塾に入りました。僕は、勉強するのがとても嫌いで、勉強をして何になるんだろうとずっと思っていました。しかし、村山先生や岩波先生、鈴木先生、川瀬先生、野田先生などいろいろな先生方に出会い僕の勉強に対する意識は変わりました。

志門塾に入り、学校で、1年生最後の期末テストがありました。今までは、テスト前に遊んでいたりしていましたが、今回はテスト2週間前から勉強をしていました。今までは分からないところは、ほっといていましたが、先生たちに質問をして、少しずつ分からない事をなくしていきました。そして、テスト当日になり、いつも緊張しているのに、なぜか今回は自信がありました。5教科のテストを全て終えて、テストをが返ってくるのを待っていました。そして3日後にテストが返ってきました。5教科のテスト全てが返ってきて、合計点が前のテストより40点も上がっていました。僕はその時とてもうれしかったです。そこで、初めて、努力する大切さを学びました。

そして、学年が上がり2年生になりました。少しずつ、志門塾にも慣れてきて、友達との仲も深まりました。2年生になって初めてのテストがあり、前の期末テストで、点数がよかったので、気が抜けていたのか、合計点が下がってしまいました。僕はその時、とても悔しく、「絶対次のテストで合計点を上げてやる」と決めました。しかし、2年生になると、部活もますます厳しくなっていき、勉強と部活の両立が難しくなってきました。僕は、部活を優先しようとして、勉強をあまりしなくなってきました。その時に、「僕はこんなままでいいのか」という気持ちが心のどこかにありました。そして、テスト当日になり、自信がありませんでした。案の定合計点も悪く、勉強が嫌になってきました。そんな時に、村山先生が、「テストの点数が下がったのはしょうがないけど、こんなんでくよくよしてたら次のテストも一緒やぞ」と言われ、僕は、「確かにそうだ」と思い、気持ちを切りかえました。そして2学期の中間テストがあり、いつも通り2週間前から勉強をしはじめて、テスト当日を迎えましたが、合計点がのびませんでした。その後のテストも思うようにいかず、成績も落としてしまいました。また、ちょっとずつ受験という意識が出てきて、僕の中に焦りが出てきました。そして、3年生になり、最初のテストがあり、「こんどこそとってやる」という気持ちが強くなり、3週間前からテスト勉強をしはじめて学校での朝の読書の時間に教科書を読むなどしました。そしてテスト当日になり、落ち着いてテストに取り組みました。今回のテストは今までで一番自信があり、テストが返ってくるのがとても楽しみでした。そして、テストが全て返ってきて、テストの合計点が今までのテストの中で一番よかったです。このテストのおかげで僕の中に自信がつき、よし、次もがんばろうと思いました。

そして夏休みになり、部活も引退して、勉強だけになり、より勉強に集中しました。志門塾の合宿があり、僕はそれに向けて勉強をしていました。この合宿は僕の中で、かけがえのない物になりました。友達との和も広がり、周りのみんなが真剣になっているのを見て刺激を受けて、僕もがんばろうという気持ちになりました。そして、合宿後に第1回V模試があり、高校判定も出ました。結果がC判定で、「大丈夫なのかなー」と思っていました。その約2か月後に第2回のV模試があり、結果はD判定で、その時「もう無理だ、志願校を下げよう」と思いました。ですが、野田先生が「次のV模試でA判定とろうや」と言って、僕は正直「たぶん無理だろうな」と思っていました。でも、努力すればいけると思って次のV模試に向けてがんばっていました。分野別問題集が配られて滋賀県の過去問を解きました。最初は全く分からず、「やばいなー」と思っていました。しかし、それのおかげで、滋賀県の入試傾向が分かり、次のV模試でも役立つんじゃないかと思いました。そして第3回のV模試があり、今までで一番自信がありました。そしてV模試が返ってきて、判定を見てみると、なんとA判定でした。驚きとともにうれしい気持ちでいっぱいでした。野田先生が「ようがんばったな」と言ってくれて、とてもうれしかったです。

そして、入試まで残り、1か月となり、ピリピリしはじめました。僕も、しんどい気持ちでしたが、友達と一緒にがんばることで、その苦しみは半減されました。そして、とうとう入試当日になりました。僕は緊張していましたが「今まで、あれだけ勉強したのだから大丈夫」と自分に言い聞かせました。そして入試が終わりほっとした気持ちになりました。そして合格発表当日になり、とても緊張していました。番号が貼ってある場所までいくと、僕の番号がありました。その瞬間、僕は、うれしさのあまり涙が出そうになりました。「今までがんばってきたかいがあったな」と思いました。僕は一番最初に、何の文句も言わず今まで塾の送り迎えをしてくれたお母さんに「ありがとう」と伝えました。

僕にとって、受験は苦痛ではなかったです。いろいろな仲間と出会い、いろいろな事を学ぶ事ができ、とても僕の中でいい経験になりました。この経験をバネにしてこれからもがんばっていこうと思います。

ページのトップへ戻る